« 変えようかな | トップページ | 変えた »

2014年8月21日 (木)

耳に残る快音

今日は朝に甲子園の富山商業の3回戦。今大会は北信越の代表が元気なんだけど、相手は新潟代表の日本文理。せっかくなのに北信越同士でつぶし合いとは残念である。

仕事で前半部分は見られなかったのだが、出かける用事があったので車の中で観戦。

なかなか行き詰まる接戦。

富山商業が追いついて、さらに逆転!!

車の中でガッツポーズしました。

1点差で最終回。相手は強打の日本文理。結果は皆様ご存じの通り。

いやぁ、凄い打球でしたわ。

快音がまだ耳に残っている感じ。

日本文理と言えば2009年の夏。中京大中京との決勝の大激戦。9回に5点の猛攻で一挙に1点差まで詰め寄った場面。あのサードライナーの打球音も記憶に残っていますね。

こうなったら日本文理にはあの時ほんの紙一重で届かなかった優勝まで頑張ってもらいたいものです。

|

« 変えようかな | トップページ | 変えた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

41年前に富商が甲子園でベスト8に進出したとき自宅でテレビ観戦していました。その時の富商が格好良くて・・・小学生だったのですが、記憶に残っていて富商へ進むことを決めました。新湊高校が始めて甲子園出場を決めた富商との決勝戦(サヨナラで新湊優勝)のときには県営球場におりました。今でも富商を卒業したことが私の一番の自慢です。

投稿: SILVIAおじさん | 2014年8月22日 (金) 08時00分

SILVIAおじさん
新湊が初めて甲子園出場を決めた決勝戦。私もスタンドにおりました。私はまだ6歳でした。スタンドの熱気と、市役所前での優勝パレードの様子。100台以上の観光バスが新湊に集結したあのお祭り騒ぎ。今でも強烈な印象として覚えています。
今では考えられないくらいの大騒ぎでしたね。小さい頃少年野球少年だった私はもちろん新高で甲子園と思ってました。あの当時の子ども達はおそらくみんなそう思っていたのではないでしょうか。

投稿: おっぺら | 2014年8月22日 (金) 12時37分

おっぺらさま
正直、私も複雑な心境でした。
文理のバッテリーは県内ですが、勿論、私立校なので
(我が家から車で10分ほど)直接知っている選手も居ませんし、
県立高校の富山商業は米寿を過ぎた長兄の出身校。
精神的富山県人の小生は出来れば富山に勝って欲しかった。
今は、一応切り替えて文理を応援しています。((笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2014年8月22日 (金) 17時16分

輝ジィ~ジさま
近所の学校なんですね。普段は北信越などで対戦する新潟県ですが、私が記録を見た限りでは夏の甲子園で新潟と富山の対戦というのは長い歴史の中で今回が初対戦だったと思います。
文理は今年十分チャンスあると思います。

投稿: おっぺら | 2014年8月22日 (金) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578994/60188257

この記事へのトラックバック一覧です: 耳に残る快音:

« 変えようかな | トップページ | 変えた »