« 東北撤退顛末記part1 | トップページ | 荷物が送れない »

2014年2月18日 (火)

東北撤退顛末記part2

前回の続き。

ようやくの事で4号線にたどり着いた私がそこで見たものは・・・・。

仙台方面の二車線を埋め尽くすトラックの列!しかもまったく進んでいない。

なんでこんな事に・・・・。道路にはほとんど雪なんかないのに???

私が向かう福島方面にはまったく渋滞の列はない。ともかく福島市内方面に向かうことに。

その道中の電光掲示板に目を疑う文字が「東北自動車道通行止め

この時初めてただならぬ状態であることを知る。

スマホで高速道の状態をチェック。な、な、な、なんと郡山ジャンクション付近から仙台あたりまで全面通行止め!!!

事故でもあったのか?と思うが理由は「雪のため」。でも雪なんて降ってないジャン。それに対した積雪ではないジャン。

普段から雪の上信越道や東海北陸道なんかを通っている私にすれば、なんでこの程度の雪で通行止めになっちゃう訳???と意味不明状態。

ともかくも4号線はトラックで溢れ引くも進むもできない状態。そりゃそうだ。東北自動車道が通行止めになりゃどうなるかってのはさすがに私でもわかる。

それでも、天気は良かったし、気温も高く、私の感覚ではそんなに大災害になる程の積雪とは思えなかったので、すぐに開通するものだと思えた。

福島市郊外の比較的渋滞していない所でともかく燃料を補給。食料を手に入れるべくコンビニに・・・。20140216134454_photoはい、物流が途絶えております。

チョコレートとクッキーと煎餅を購入、水とお茶も購入。そして、おそらく大渋滞しているであろう福島市内のICを目指して車を進める。

早々に東北道が開通するだろうと思った判断は結果的には間違いであった。その辺りのコンビニやパチンコ屋の駐車場ででも寝て待っているのが結果的には正解だったかもしれない。

しかし、給油と食料を手に入れた判断は間違いではなかった。

ともかく、東北道が開通すれば一気に解決すると思ったので。ICを目指す。20140216132140_photo そのうち福島市内で渋滞に捕まる。ほとんど動きません。そりゃそうだ。みんなICから東北道の開通を待っているのだから。

4号線以外の脇道はまったく除雪をしてない20cm程の柔らかな雪が積もった状態。はっきり言ってはまったら抜け出せないのは経験でわかる。決して近づいてはいけない道だ。

道路脇のコンビニや商店の駐車場もほとんど除雪がされておらず入ることすらままならない状態。

どうやら4号線が唯一車を走らせられそうな道路なのだ。それでも降り始めてからの大渋滞でまったく除雪はされていないでこぼこの状態。

脇の道路でははまって車を押す人たち。路肩に乗り上げ、または道路中央ではまって乗り捨てられた車。福島市内は30cmの積雪があったらしいのだが、市内全域がまったく除雪されていない状況であるから、交通状況は完全に麻痺状態と行ってもいい。

渋滞の中、車の中ではありあまる時間があったので、スマホでいろいろ情報を収集してみる。関東周辺、関東以北の交通はすべて麻痺状態。相馬を出たときはまったくわからなかった。思い込みで情報収集を怠った。

しかし、テレビなどの報道ではそんなに危機的な状況であることは伝えられていなかったのではないか?オリンピックの金メダル報道どころの騒ぎではないのに。4号線に車が集中するに任せて、立ち入りを規制、制限する報道なんかはなかった。自分で調べられない人はいったい何が起こっているのやら知るすべもなくこの渋滞に巻き込まれている。ラジオでも全くこの状況が報道されていなかった。

おそらく意図的に情報量を制限していたとしか思えない。本当のところはわかりませんが。

福島市中心部あたりで渋滞はぴったり止まって、それこそ30分で10m進むかどうかくらいのレベルに。一向に東北道は開通しない。

それが何故なのかはいろいろ調べてみてもわからない。除雪にそんなに時間がかかるのか?

もう出発してから9時間。そろそろ普通ならとっくに富山に着いている頃である。そんな時やっと東北道開通の情報が・・・。

これで帰れる。

おそらく大型トラックが一斉にICに殺到していることだろう。私はその時ICから5kmくらいの所にいました。そこからICまでたどり着くのに約3時間。

ようやく福島西ICに乗ったのはもう9時。ナビの到着予想時刻は3:00だ。東北道は大型トラックで溢れかえっていて特にSAの周辺はひどかったが、ゆっくりながらもきちんと流れていて助かった。

磐越自動車道の会津に抜ける道では猛吹雪で、疲れて意識朦朧の状態であったのでかなりキツかった。しかも対面通行だし。

ともかく北陸道を抜けるまでは頑張ると眠気と戦いながら進む。20140217001146_photo 初めて飲みましたが、効いた気が・・・。

もう禁煙してから2年以上ぶりにタバコまで買って、頭をすっきりさせてみた。ここまでくると変なテンション。

ようやく新潟に着いて北陸道に乗ったら、なんだか嬉しくて嬉しくて。「やったぁ着いた!」
と思ったのだが、ここから富山まではまだまだ3時間くらいの道のり。

眠かったら寝て翌日帰ろうとも思ったのだが、翌日は仕事の打ち合わせの約束もあるし、ともかく行けることこまで行こうと車を走らせる。北陸道は路面にまったく積雪はなく、気温も夜中でも高くて凍結の心配も全くなかったので助かった。

こうしてどうにかこうにか家に着いたのは出発してから18時間が過ぎた朝方3:00過ぎ。

良い経験になりました。

今回の雪では関東地方で私よりももっともっと悲惨な思いをしたドライバーが多かったと思います。雪の降らないところの雪は怖いと一週間前に相馬に向かったときに身に染みたはずだったのに・・・。

ともかく無事に帰れました。次の日の仕事は眠くて最悪でしたけどね。

|

« 東北撤退顛末記part1 | トップページ | 荷物が送れない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

話しを聞いて驚きました、これは酷いですね。確かに今になって当時の状況をニュースでやっていますが、当時はテレビでも知らせていなかったですね。隠した意味は何でしょうか!
東北の太平洋側で雪に弱い都市造りをしているのは許せないですね。太平洋側に今後も年に一回くらいは大雪が降ればと思いますconfident

投稿: SILVIAおじさん | 2014年2月18日 (火) 19時13分

SILVIAおじさん
あまりきちんと報道されなかったのは、危機感をあおって買い占め等の動きにつながるのを警戒したためでしょうか?わかりませんけど。
太平洋側は非常に雪に弱いと感じました。何十年ぶりの大雪というものにどこまで対処せねばならないのかは疑問ですが、こういったことは経験として次回の大雪に生かしていってもらいたいですね。

投稿: おっぺら | 2014年2月18日 (火) 21時45分

初めまして、SILVIAおじさんの紹介?で訪ねました。
国道4号、福島競馬場の近くに住んでいます。
あの大渋滞の中に居られたのですね。酷道?349号をあの雪の中通るって、私には信じられない報告でした。
中通りから会津へ抜ける峠道には、冬対策でライブカメラが沢山あるのですが、浜通りと中通の峠道には全くありません。
私は、地元AMラジオ局のツイッターに投稿される情報で、ここが一時的に陸の孤島になっていたことを確認していました。

投稿: しゅうちゃん | 2014年2月19日 (水) 23時10分

しゅうちゃんさん
競馬所の近くに住んでおられるのですね。相馬を出るときに115号が通行止め。6号線113号線も通行止めとなると選択肢がそこしかありませんでした。しかし、通行止めにはなっていなかったので、それは通れると言うことなのかと思いました。あの状態で通行止めにしないのは行政側のありえない対応だと憤りを感じますね。山中での車中泊を覚悟しました。
渋滞は競馬場の前あたりが一番ひどくて1時間に20m程しか進みませんでした。競馬場の横に2時間くらいいましたよ。福島の道路はまだ除雪が進んでいないらしいですが、来週また行くことになるのでそれまでは元に戻っているといいです。

投稿: おっぺら | 2014年2月19日 (水) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578994/59154096

この記事へのトラックバック一覧です: 東北撤退顛末記part2:

» ケノーベルからリンクのご案内(2014/02/19 08:42) [ケノーベル エージェント]
福島市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2014年2月19日 (水) 08時43分

« 東北撤退顛末記part1 | トップページ | 荷物が送れない »