« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

うるう

今年は四年に一度の閏年で、今日は四年に一度の2月29日。

今は日本は太陽暦を採用していますので、一年は365日。しかし、実際には誤差があります。その誤差を修正するために閏年があるのはご存知と思います。

日本ではほんのちょっと前までは太陰暦を使用していました。
今でも太陰暦を中心に生活している人はいるみたいで、近年では割と見直されています。

太陰暦の方が特に古典等で言われる季節には合致しています。

例を言いますと、忠臣蔵の討ち入りの日は、一般には12月14日とされていますが、それは太陰暦ですので今の暦に直すと1月30日に相当します。

けっこうずれています。太陰暦では一年は354日で太陽暦よりも11日短いです。

そのまま行くとどんどん季節がずれていくので、なんと3年に一度どこかの月に調整のために潤月を足して、一年を13ヶ月にします。例えば2月と3月の間に潤月を入れると潤2月があるという具合になります。

なんか大昔のような気がしますが、太陽暦を採用したのは明治5年(1872年)ですので、近代に入ってからです。

西洋化をはかるという名目でしたが、実際は日清戦争の折の財政難で、たまたま閏月のある年だったので、公務員給与の支給をひと月減らすために変えたらしいです。
(先日ラジオで言ってました)

太陽暦で一年を365日にして四年に一度調整のために一日多くしても実はまだなお誤差が微妙に生じています。

その誤差をさらに調整するために「うるう秒」というのがあるそうです。こいつもラジオで聞いて知ったのですが、私は初耳でした。

そして今知った知識を早速ドヤ顔で書いていますcatface

国際的な会議で話し合い、何年に一度かうるう秒を設けて、国際的に時間を調整するのです。世界標準時というのがありますので、足並みを揃えて調整しないといけません。

今年はそのうるう秒のある年です。

今年の7月1日は一日が24時間と1秒ということになります。

ということは、今年は閏年なので、今年一年は366日と1秒ということらしいです。

地球の自転速度は実は少~しずつ減速しています。地球は徐々にゆっくり回るようになっているらしいです。

今の暦のままだといろいろと季節的な誤差が生じてきます。

数千年、数万年単位での話ですがね。

ちなみに夏のオリンピックのある年が閏年ですね。(常識か?)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
クリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月28日 (火)

vivio

今日のニュースでやっていたのだが、スバルがついに軽の生産をやめるらしい。

スバルの車は今の車の前にインプレッサに乗っていたことがありますが、単なる乗用車のタイプでした。

スバルと言えば、若い頃はやっぱりレガシーに憧れたものです。
レガシーに乗ってスキーに行くみたいな。

しかし、学生に手が届く車ではなかった。

だから、働くようになってレガシー買った知り合い結構いましたね。

今の若い人には興味ないかもしれませんが、我々の世代はスバルの水平対向エンジンに憧れた世代でもあるとおもいます。

スバルの軽と言えば、私にとって思い出はvivioのR-XRかG-XR
Viviorxr今ではあまりなくなりましたが、当時はスーパーチャージャーやターボ付きの軽四がたくさんありました。

大学時代の先輩の女の子がvivioのG-XR に乗っていましたが、こいつはとんでもない車でした。

今から20年程前でしょうか?車の内装や装備が飛躍的に上がった時代だと記憶しています。

皮ステアリング(momoだとかNARDIだとか)シートはスポーツバケットシート、足回りはビルシュタインなど、豪華さを競った感じでした。

さらにそれだけではなく、車の速さが重視された時代でした。いわゆるフロントにアナボコの開いた車が多く走っておりました。

vivioのR-XRは軽四にも関わらずラリーに出場したりと今ではまったく受け入れられないと思われるコンセプトの車でした。

軽四のくせに180km/hくらい出ますからね。加速が半端じゃなかった。車体も軽いし、そこいらの車には絶対負けないレベル。

当時軽四って普通100万しないのが当たり前だったのに150万くらいしたと思います。本当に売れると思って作っていたのかはなはだ疑問だが、実際には結構走っていました。今でもファンがいるみたい。

「売れなくてもいいから一番の」みたいな感じ、スバルにはありましたね。

WRXとランエボのラリーでの戦いなど、メーカー間の競争も激しかったです。でも今のご時世意地や名誉より利益重視なんですかね。

一部のマニアにだけ受け入れられればいいじゃない、みたいな冒険心みんな忘れちゃったんでしょうね。

私自身も車を求める際には「速い」ということはこれっぽっちも考慮しなくなりました。

そういえば、最近は燃費がどうとか、画一的な車ばかりです。

今日はスバルの軽四撤退で、そういえばなぁ・・・といろいろ思いめぐらせました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
クリックお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月27日 (月)

スキーinらいちょうバレースキー場2012 2/26

日曜日にらいちょうバレースキー場に行った時の話。

ちなみに私は温泉に行っていたため行けませんでした。

妻がこども達連れて行ってきました。
201202260900021 ゴンドラの中から。

ちなみにこの日は富山市民の日で富山市民はリフト券割引でした。
でも富山市民だけじゃなくて、みんな一日券が半額だったらしいです。

「らいちょう」はそのまた昔「ゴンドラスキー場」という名前で、私らおじさんはそのほうがしっくりきます。

私は今まで滑ったことのあるゲレンデの中で「らいちょう」が一番多いと思います。

小学生の頃からスキーといえば「らいちょう」でした。

当時は極楽坂と共通リフト券ではなかったので「らいちょう」によく行きました。

昔は結構すごい人で、ゴンドラに乗るのは1時間。リフトは20~30分待ち当たり前でした。
今は結構空いているみたい。

社会人になってからはあまり行かなくなりました。
実際に滑ったのはここ10年で一度か二度ですかね。
201202260900022 「らいちょう」のゴンドラは今では珍しく4人乗りです。

富山では毎日暖かい日が続いていましたが、今回は結構吹雪いていたらしく。
カメラを出せず、撮影したのはゴンドラの中のほんのちょっとだけ。

子供達は「らいちょう」の斜面は楽勝に降りてきていたみたいです。
妻は久しぶりに行ったけど面白かったと言っておりました。

昔は「らいちょう」「極楽」の上部と言えば、非圧雪のコブコブの斜面で、小さい頃は苦労して滑っていました。おかげでコブ斜面も滑れるようになったのかもしれません。

子供たちは、スイスイ滑れるようになりましたが、コブコブの斜面は滑れないかもしれません。今は逆にコブコブの斜面を滑る機会がなかなかないのです。

昔は平らに均した斜面を思いっきり滑るのが夢だったものです。
ロングターンで滑ること自体ほとんどありませんでした。

でもコブのない「らいちょう」や「極楽」ってなんからしくないと感じてしまいます。
(一体いつの話を・・・)
でも、最近あまり行っていないからか、「らいちょう」の記憶は昔のままで止まってしまっています。

シングルリフトもなくなったし、屈曲リフトもなくなったし。

こうやって考えていると行きたくなってきました。
でも、今シーズンはもう「らいちょう」に行く機会はないかな。
来年以降行きたいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
クリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

片山津温泉

昨日と今日一泊で石川県は片山津温泉に行ってまいりました。

私が在籍する某団体の会合(あやしい団体ではありません)で宿泊。

場所は加賀観光ホテルというホテルでした。

私は初めて行きました。

あまり片山津温泉には行く機会がありません。

まぁ、巨大な温泉旅館が建っていて、なかなかすごい規模です。そういった意味では一見の価値はあるとは思いますが、正直あまり趣味ではありません。

今は時代が悪く、どこも経営は大変だと思います。

大金払って大挙して巨大温泉施設に客がなだれ込むという時代は二十年前に終わりました。
多くの宿はその時代に築かれたものでしょう。

今はその巨大な施設を維持することに腐心していることだと思います。
どこも割と施設は老朽化し、かつ競争の激化で宿泊費を安くしたりと修繕費の捻出にも苦慮しているのではないかと思います。

こうやって、巨大温泉施設に泊まれるということも、このようなスタイルの温泉も将来的には少なっていくのかもしれませんね。

町全体として片山津には正直かつての賑わいはありません。

ただ、温泉の湯は変わりません。なかなかいい湯でした。

自分自ら行きたいと思って宿を予約して行くということは今後もあまりないと思いますが、仲間内みんなで出かけて宴会みたいな感じでないと行くことはないですね。

今回もそんな機会でした。

私は今回週末に温泉に行かなきゃいけなかったので、今週はスキーには行けませんでしたが、妻と子供たちは三人でスキーに出かけて行きました。

今週で二月も終わり、もうスキーシーズンは春スキーへと突入ですね。

あと何回いけるでしょ?

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
クリックお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

爆睡

昨日はなぜか日中から非常に眠くて、仕事であっちこっち車で移動しつつも眠くてかなわなかった。

なんだか嫁さんもあまり体調がよくないらしく、早めに就寝したので、なんとなく私も横になったら、気づいたら朝でした・・・。

11時間も寝てしまった・・・。

普段はその日のうちに寝るなんてことは稀なくらい夜ふかしな私ですが、ここのところ疲れがたまっていたのかなぁ。

さすがに朝は早めに目覚めて、予定通り久しぶりに髪を切りに行ってきました。

最近週末はスキーに行くか仕事に行くかな生活で髪を切りに行く暇がなかなかなくて。

子供たちの髪もずいぶん伸びたので一緒に連れて行って三人で散髪。

息子ももう少しで卒園式なので、そろそろちゃんとしておかないと。

起きるまで寝るって簡単にできそうなんですが、あんまりやる機会がない。

たまにはいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

禁断症状

なんかついつい癖になってしまう物ってないでしょうか?

私には時々はまってしまうものがあります。

一昨年タバコをやめた時に、その口寂しさから「フリスク」にはまりました。

はっきり言ってフリスク中毒。
フリスク無しでは生きられない体に・・・。

こいつはいかんと禁煙ならず禁フリスクをして、どうにかその鎖を断ち切ることに成功。
ニコチン中毒と比べたら大したことはないですが。

ガムにも時々はまりますが、ガムの禁断症状は軽いので抜け出すのはまだ簡単。

今年の年始からは、のど飴にはまってしまって、いつも携帯して舐めていないと落ち着かない体に・・・。

最近この禁断症状からは抜け出しました。

時々何かにどっぷりハマっちゃうんですよねぇ。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
クリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

画期的

先日発売が発表された新製品。
201202221 なんとUSBがどっちからも挿せるというハブ。
201202222 ありそうでなかった画期的な商品。

USBって挿そうと思ったら入らなくて、ひっくり返して挿してみたけど挿さらなくって、結局最初の向きで合っていたみたいな不毛なやりとりを繰り返してしまいませんか?

パソコンの裏側など目で見ないで手探りで挿す時なんかのイライラ感ときたらもう。

( ゚皿゚)キーッ!!

そもそも最初に考えた人はどうして向きを作ったのか。

しかも明らかにこっちが上ですよ的な形になぜしないのか?

USBの登場はいろんなものを劇的に変えて、いまや我々の生活にはなくてはならないものになっていると思います。

それ故に、この発明はものすごく画期的に思えますね。

実際今日(2012.2.22)の時点ではまだ発売されていません。
2月25日に発売だとか。

これからはこのスタイルが標準になるんでしょうかね?
どうでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

雛人形

そういえばいつの間にか二月もおわりに近づいています。

もうすぐにひな祭り。

ということは雛人形を出さなくちゃいけない。

んで、雛人形出しました。
(私の仕事中に嫁さんが)

でもすぐに片付ける日がやってきますね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
クリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

お仕事の日曜日

今日は昨日に引き続きいい天気。
先週の寒波から一転して気持ちの良い青空。

こんな日にスキーに行けばいいものを、よりによって土曜の吹雪でスキー。日曜の晴天で仕事と、なんか噛み合っていない。

昨日は朝すごい放射冷却で天気はいいものの、冷え冷えでした、仕事先でトイレに行ったら、凍結していて水が出ない・・・coldsweats02

大ではなかったのだけど、焦った。バケツで水を汲んできてタンクに入れて流しました。
富山じゃあんまりこんなことはないですね。

仕事中は山の方を眺めて、「いいなぁ・・・。」

「行くんだったら今日だったよなぁ・・・。」
とつぶやいておりました。
といっても、日曜は行きたくても行けない日だったのだが。

休日出勤の仕事帰りということで、会社の仲間と帰りにはまた麻雀打ちに行ってきました。

翌日仕事なので早々に引き上げましたが、会社の仲間は超バカヅキモード。
私はうまくまとめてちょい浮き。

うまいこと楽しんできました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
クリックお願いします

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年2月18日 (土)

スキーin赤倉観光リゾート2012 2/18

昨日の夜からようやく体調も回復し、予定通り本日もスキーに出かけることにしました。

行き先はちょっと悩んだのですが、もう一回分前売り券が残っているので、シーズンの終わりも見えてきましたし、早めに使ってしまえということでまた赤倉観光リゾートスキー場に出かけました。

本当はあまり天候もよさそうじゃなかったし、体調が戻ったとはいえ病み上がりなので遠出は控えたいところでしたが、子供たちも楽しみにしていることですのでここは一つ頑張って行くことにしました。

それともう一つ。先週の頭に家の車が新車になりまして、運転してみたい気分だったこともあります。

私は普段は軽四に乗っていますので、まだ外観を眺めていただけで、運転するのは今回が初めて。

寒波が来ていて、雪質はいいのではと期待して、多少の天気は目をつぶろうと覚悟して出発。

富山県を抜けたあたりから青空も見えてきまして「これはひょっとしていい日になるのでは?
と期待したのも束の間、上信越自動車道に乗ったあたりからは猛吹雪wobbly

ともかくゲレンデに到着。いやぁ、すごい雪です。

いつもはビデオカメラで滑りの様子を撮影して写真など載せてスキーの様子を紹介しているのですが、今回はカメラを外に持ち出すのを断念。

ビデオカメラはまったく防水なんかじゃありませんので、さすがにこの天候で出す勇気はありません。

今年四回目になる赤倉観光リゾートで特に目新しい事もなかったので、今回は写真なしとさせていただきます。

ゲレンデに出ますと、昨晩からおそらく沢山積もったのでしょうが、どういったわけかゲレンデはまったくの非圧雪。モコモコの凸凹。
アカカンにしては手抜きな感じ。

肝心の雪質なのですが、やはり水分多め。フワフワの新雪とは程遠い感じ。
そんなところが整地してないと非常に疲れます。
さらに視界も悪く、やはり病み上がりということで少々だるくて、タラタラと流すように滑るのが精一杯。

さらに今回は目当てのチャンピオンBコースが大会のため閉鎖(なんだとぉぉぉannoy

メインのコースが一つクローズならば当然ほかのコースの人口密度が上がります。

ただでさえ天候と体調でモチベーションの上がらない中。やられた感たっぷり。

事前の調査を怠ったのはいけなかった。大会やってると分かってたら絶対に行かなかったのに・・・。

チャンピオンBが滑れないアカカンなんて、クリープのないコーヒー状態。

さらに、気持ちよく高速ターンできないコンディションはアカカンの魅力まったくなし。

いろんな事情があることとは思いますが、週末はちゃんとゲレンデ整備おこなってください。
金返せって言いたくなります。
メインコースの整備は義務でしょう?
ローカルゲレンデじゃないんだから。観光「リゾート」の名が泣きますよ。

あと、大会でメインのコース閉鎖するなら、チケット売り場でその旨大きく掲示するのがマナーではないでしょうか?

詐欺といわれてもしょうがないです。

今度からはちゃんと直前にHPでイベント情報を調べるようにします。
(ちゃんと調べている事が多いのですが)

大好きな人に裏切られた感一杯。負け犬気分で大雪の中やけくそスキーに突入。

お昼まで滑って、昼食を食べたら、再び滑る気力はもはやありませんでした・・・。

天候もまったく回復の兆しもなく、今日は撤退。

ほぼ新車にてのドライブがメインなんじゃないかという結末。

あぁ、やってもうた・・・・。

今シーズンはもうアカカンには行くことはないと思います。
(こいつは当初の予定)

最後に一言。
Aiyueni アカカン大好きです。
Nukumori 来年もよろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
クリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

寒波

また寒波が来ました。
今年何回目でしょうか?

まぁ、大したことないかと思ってたら結構降りました。

風邪もすっきりしないで、朝からちょっぴりフワフワとしてましたが、こんな日に限って大忙し。

砺波で打ち合わせの後高岡で打ち合わせ。射水市の取引先に寄ってから、富山市内の現場へ・・・。

8号線は大渋滞。

約束の時間に間に合わないι(´Д`υ)アセアセ

会社は高岡にあるのですが、今回は高岡あまり降らなかったみたいで、富山市に向かうにつれて積雪量が増えていく。

呉羽のあたりから車が進まない。

思い切ってエイっと海沿いに進路をとって415号線で行くことに。
なんと道はスカスカ。
やっぱ融雪装置のある道路って素敵。

今週は具合が悪かったのにも関わらず、仕事が立て込んでようやく今日ゴールが見えてきた時に、油断したのか、風邪で頭が回らなかったのか、ちょっと失敗こいてしまいました。

ずっと上手く行ってたのに最後の最後に・・・。

担当者の方ごめんなさい。

そう大事には至らなかったのですが、ちょっと凹んでます。
(´;ω;`)ウウ・・・

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
クリックお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

風邪

一昨日ちょっと熱っぽくて家に帰ったら熱が・・・。
37℃ちょっとなのでインフルエンザってわけではないのだけど。

なんだか体がだるいし、頭がボーッとするし。

しかもこんな時に限って仕事は立て込んでいて休むわけにもいかず。

昨日は帰りが遅くなったのだけど、久しぶりにパソコンに向かわず、速攻で寝てしまった。

私は37℃ちょっとでも過ぎると非常に具合が悪くなる質で、熱にはめっぽう弱い。

今朝も朝から具合が悪かったが、仕事に向かう。

多くの方がそうかもしれないが、代わりになる人はいないので、熱があっても、腹が痛くても休めないという時があります。

今日がそんな日。

フラフラになりながらも、一日現場で過ごす。半分やけくそ。

しかし、自己責任なのでしょうがない。

今日は珍しく外での仕事だったのでたくさん着込んでブクブクの着ぐるみ状態。

天気が良くて助かったぁ~。

剱岳もとっても綺麗でした。

はよ寝よ。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
クリックお願いします


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

ニボシ

今日は世の中ではバレンタインデーである。

まぁ、この歳にもなっては嫁さんや娘からもらうだけなのだが、皆さんはチョコ食べたでしょうか。

バレンタインでチョコもらえない寂しい人のために、今日ラジオでは、「今日はニボシの日です」って言ってたのがおもしろかった。

二一四で「に 棒 し」らしいです。

昔はよくニボシボリボリかじったもんですが、最近はあまり食べてない。

なんだかこの話をきいてから無性ににぼしが食べたくなりました。

一匹食べたら飽きると思うけど・・・。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
クリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月)

ホイットニー・ヒューストン

ホイットニー・ヒューストンさんが突然亡くなりました。

別に特にファンということもなかったのですが、今日はラジオでもホイットニーの歌がよくかかってました。

今日は仕事で黒部方面まで運転していきましたから、一日の半分は車に乗っていました。
おかげでラジオたくさん聞けました。

改めて聞くと、すごい声してますね。

突然亡くなったみたいで、残念ですね。
ご冥福をお祈りいたします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
クリックお願いします



| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年2月12日 (日)

スキーinたいらスキー場2012 2/11 part2

昨日の記事に引き続きたいらスキー場でのスキーの記事。
2012021103 たいらにはキッズパークがあります。ベルトコンベアに乗って上にいけます。利用料金は一人500円。

ここには子供たちが小さい時にはずいぶんお世話になりました。紐つけて後ろから引っ張ってスキーに慣れさせました。下の子は三歳からここでスキーをはきました。

空いていますし、子供あそばせるのにはいいです。料金も安いし結構おすすめ。
トイレも近いし、休憩はすぐ横の食堂でできますし、そりも引っ張って登らなくていいですしね。
2012021107 「ラスキーフェスタ」のイベントでもちつき体験。
先日赤倉観光リゾートでももちつきしました。つきたてのお餅が振舞われていました。
あったかくて美味しいです。
2012021109 そして本日のメインイベント「ビンゴ大会」
ちなみに写真右にいるのがたいらのマスコット「ラスキーちゃん」です。

19インチ液晶テレビ。ブルーレイレコーダー。温泉宿泊券ペア。一日券引換券ペア。ウォークマン。折りたたみ自転車。後はスキーグッズや小物など多数。

先着30名ほどの人が景品をもらえます。

参加者は300人いなかったと思います。うちは四人なのでかなりの確率で誰かが当たるはずです・・・。

結果は、二人がリーチまで。二人はリーチすらならず。ついていません。
2012021110 その後「ラスキー鍋」という鍋が振舞われました。牛乳ベースの鍋です。ひょっとして平牛乳なのかな?

鍋を食べていたら、横で食べていた女の子が「あと31さえ出れば・・・」となんどもつぶやいておりましたhappy01

うちは21さえ出れば・・・。

昼からはイベントなどであまり滑れませんでしたので、今日は四時過ぎまでたっぷり滑りました。

たいらの一日券があれば、平にある温泉「ゆ~楽」の入泉料が半額になりますので帰りに寄って温泉にゆっくりとつかって帰ってきました。たいたスキー場に来た時は大概入って帰ります。

温泉熱の床暖房の畳の上でちょっと昼寝でもしたいところですが、風呂から上がったら六時をまわっていましたのでとっとと帰りました。

新雪が積もって寒波が来たとはいえ、雪はちょっとゆるかったです。それでもまぁいい雪でしたが。

先週くらいがピークだったんですかね。そろそろシーズンオフに向けて少しずつ雪質が下降して行きますね。

今シーズンは雪の量はありますので、長くは滑れるとは思いますが。
今回はちょっと「あぁ、今シーズンも終に向かってるな」ということを感じました。

まだまだ、行きますけどね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
クリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

スキーinたいらスキー場2012 2/11 part1

今日もまたスキーに出かけたのですが、今日は考えてみたら今シーズン初の富山県内のスキー場「たいらスキー場」選択。
2012021101 昨晩から結構積もったみたく、30cm位は新雪がつもっているでしょうか?
2012021102 本日「たいら」を選択した理由は、年に一回の「ラスキーフェスタ」という感謝デーのため。
本日はなんとスキー教室が無料です。

ちなみにラスキーというのは「たいら」マスコットらしいです。長年見てきたマスコットですが、初めて名前を知りましたhappy01

子供たち二人をスキースクールに送り込んでみました。
2012021105 イベントに関しては正直非常にマニアックなイベントなので、ただと言っても集まる人数はこんなもの。だって、ゲレンデにも、周辺にも一切告知されていません。
知る人ぞ知るというイベントか?
2012021104子供たちもあずけて、久しぶりに夫婦水入らずでスキーに興じるのショット。
「たいら」の斜面はぶっ飛ばせるので爽快です。

今年初めて「たいら」にきましたが 、私にとってホームゲレンデがどこか?と言われると「たいら」と答えたくなるほど「たいら」は大好きなスキー場で、いつもきていました。

「たいら」は正直初心者の人はあまり楽しめないと思います。玄人好みなゲレンデで、うちの子供たちにはちょっと敷居が高かったのでここのところ足が遠のいていました。

うちの子供もそろそろ「たいら」を楽しめる腕になってきましたので、これからは来る機会が増えると思います。
2012021106 自然の地形を利用した変化に富んだ斜面は飽きがきません、県内屈指の積雪量、雪質も魅力です。

しかし、一日券大人3000円は激安と言っていいのですが。子供2500円はもうちょっとなんとかならんものか?

しかも、小学生未満の幼児もしっかり2500円かかるので、うちの下の子もお金とられます。こんなスキー場今時ないですわ。(あったらごめん)

「たいら」は滑っている人が上手い人が多いので見ているだけでも楽しいですし、初心者が少ないのでマナーの悪い人が少なく気分よく滑れます。

みんな、ガンガンぶっ飛ばして滑っていますが、子供にぶつかってくるような腕の人はほとんどいませんので、安心できます。

アットホームな雰囲気もいいです。
人が少なくて基本リフト待ちなんかありません。

さて、たいらについてはまだまだ語れば語りつくせぬ程の思い入れがありますが、そろそろ長くなってきましたので、今日のところはこの辺にして次回part2に続く。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
クリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月10日 (金)

体操披露

以前、息子が通う保育園でヨコミネ式を取り入れた体操教育を行なっているという記事を書きましたが、今日は三年間の成果を発表する催しが保育園でありました。

保護者会のついでに年長組さんが保護者の前で発表しました。

結構みんな三年間もやってきただけあって凄いです。

体なんか柔らかくて軟体動物みたい。

一部の運動のできる子だけができるみたいな感じじゃなくて、ほぼみんながまんべんなくできる感じで、幼児でも毎日訓練したらけっこうなんでもできるようになるんだなぁと感心しました。
20120210085632_2 逆立ち歩きしてます。
20120210085632_3 側転。

ダダダダっと走ってきてスパッと回転します。みんな足もピンと伸びていてかっこいい。
20120210085632_4 片手で側転。

女の子も男の子も関係なくやってます。
20120210085632_5 跳び箱。

さすがに9段跳べるのは数人でしたが、全員6段以上は難なく跳んでいました。

出来る子はさらに上に挑戦がヨコミネ式。

出来ない子に合わせてみんな平等とかのたまう「ゆとり養成教育法」ではありません。

子供たちは今日の発表会のためにずいぶん練習したようです。

周りで見ていたお母さんたちは子供たちの成長した姿に涙してました。

私も結構感動しました。

これが卒園式前の行事としてはおそらく最後になるでしょう。

あと一ヶ月余りで卒園となります。

子供たちにこれだけのことを教えるのは大変だったと思います。先生方にも感謝しないと。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
クリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

雪ひどいです

なんだか今日もたくさんの雪が降っていました。

ずっと降り続けるといった感じではないのだけど、降ってるときはすごい勢いで降りますね。

今日は仕事で富山市内まで車で行きましたが、あっちこっちで事故が。

おそらくはコツンとやっただけの事故が大半なんでしょうけど、警察も相当忙しいでしょうね。

ある情報ではひどい日には県内一日で500件もの110番があるとか、ほとんどがスリップによる事故です。

今国会では予算委員会が行われて、その中でも大雪対策の予算追加措置などについての質問もでていましたが、もうどこも除雪の予算は尽きたご様子。

でも、この大雪でもう全国で60人以上の人が亡くなっているんですね。

そう考えると結構な災害です。

家の前は融雪装置がありません。除雪車もあまり来なくなりましたので、今日は結構積もっていました。

帰ってきて車を車庫に入れようとしたらスタックしてしまいました。

慌ててスコップで車の下の雪を除雪。

家の前でスタックなんて初めてでした。

やっぱ車にもスコップつんでおいたほうがいいのかな?

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
クリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

かんずり

先日スキーに行った際にお土産で、妙高の名物「かんずり」を購入してきました。
Img_0542 小さい小瓶です。

かんずりは、唐辛子を塩漬けし、それを雪にさらしてあく抜きをします。
その後、柚子、米糀、塩などを混ぜて四年間発酵させるという手間のかかったものです。
Img_0543 赤い色が食欲をかりたてます。

どうやって食べるかは自由。つまり、何にでも混ぜて調味料として使えます。

ご飯にかければ「かんずりご飯」。ラーメンに入れれば「辛口ラーメン」という具合。

実は存在は以前から知っていたものの、実際に食べるのは初めてです。

どうやら、最近「満天青空レストラン」なる番組(私は見てませんが)で紹介されたらしく、問い合わせが殺到し、ネットでは入手困難らしいです。
現地には一杯売ってましたけど。

作るのに四年かかるので、今売っているのは四年前に四年後に売れるであろう予想で作った数だけなので無理もありません。

注文来たから大量に作ったら、四年後にブームは去り、大量の不良在庫になったりしてhappy01
そんな馬鹿なことはしないと思いますけど。

食べ物のブームなんて毎回一瞬ですからね。

ほんのちょっとの量ですが、しばらくごはんのお供にしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

スキーin赤倉観光リゾート2012 2/5

昨日に引き続き、週末に行ったスキーの話。

妙高杉ノ原スキー場でスキーをしたあと赤倉温泉のとある宿にて一泊。
2012020508 一晩でこれだけ積もりました。放射冷却でかなり冷えています。雪はサラサラ。今日のスキーに期待が持てます。
(v^ー゜)ヤッタネ!!

車で赤倉観光リゾートスキー場へ。
ゲレンデの様子は過去の記事
スキーin赤倉観光リゾート 2011/12/30
スキーin赤倉観光リゾート2012/1/17
を参照してください。
2012020507 駐車場です。除雪車の巻き上げる雪も粉のように舞っています。駐車場脇の雪山は15m以上はあるんじゃないでしょうか。今年はとにかくすごい雪です。

赤倉観光リゾートは今シーズン三回目なのですが、来るたびに積雪が増していきます。

今シーズンは雪質には恵まれてきたのですが、天候には恵まれず、いつも降雪の中のスキーでしたが、シーズン八回目のスキーにしてようやく好天に恵まれました。

しかも天候だけでなく雪質も今シーズン最高でしょう。

泊まりスキーということで、とにかく朝一のゴンドラに乗るべく、速攻で朝食と準備を済ませ八時過ぎにはゲレンデに到着。ゴンドラは八時半からの運行です。
2012020506 しっかり踏み固められた極上のバーン。

早朝はまだ数本のシュプールが残るだけ。この早朝一本はすごく価値のある一本です。

もちろんゲレンデにはまだほとんど人はいないので、思う存分好きなだけかっ飛ばしてぶっ飛ばして。

言葉で表現するのは私のつたない表現力では無理。

頭の中にはキョンキョンの名曲。
「だーれーもー、足跡まだ付けてない、一足お先の砂(雪)の上。Oh、ダーリン」
がリフレインします。
(えぇ、わたしはおっさんですよ)

男は、まっさらなキャンパスに自分だけの足跡を付けるのが大好きなんですよ。本能的にhappy01
2012020505 今回は私の両親も一緒です。二人とも60歳を超えましたが、父はまだ現役でスキーしています。
スキー場には結構シニアの方々も沢山来ておられます。
私もかくありたいと思うのですが、いつまで滑っていられるでしょうかね?

私、以前に冒険家三浦雄一郎氏の父である故三浦敬三氏が滑っている所をカナダのウィスラーで見たことがあります。その時は確か96歳だったはずです。
氏は101歳で亡くなったのですが、普通に滑ってましたよ。

99歳でヨーロッパの氷河を滑降で滑るような偉大な方でした。
2012020503 話が逸れてしまいましたが、この日は野尻湖、斑尾山もはっきり見えます。天気がいい日はなかなかのロケーションです。

この日は女子国体コースとチャンピオンBコースを中心に滑りました。
2012020502 チャンピオンBコース。雪は最高、天気は上々、人はまばらwink
2012020504 女子国体コースです。

今回はちまちまショートターンではなく、ロングターン中心で果敢に攻めてみました。
雪と天気のいい時は爽快に滑るのがいいですね。

両親も一緒ということでこの日は午前券で帰りました。その代わり、休憩なしで一時頃まで目一杯滑りました。

子供たちもかなり滑るのが早くなってきまして、体力的について行くのがきついくらいになってきました。

帰りは温泉に入ってから帰りました。

前売り券の関係で今シーズンはあと一回最低でも観光リゾートに行くつもりです。

やっぱ、アカカンいいですわ。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
クリックお願いします



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

スキーin妙高杉ノ原スキー場2012 2/4

2/4日の土曜日に妙高杉ノ原スキー場に行ってきました。

今回土日で一泊の泊まりで行ったのですが、シーズン前から予約してました。
全国的な寒波で上越地方は大雪です。
2012020419 高速道路場はあまり積雪はなかったですが、道路の両脇は高い雪の壁です。
いつも多いですが、やはり今年は特別に多いような気がします。
2012020408 妙高杉ノ原は上信越自動車道妙高ICから15分くらいでしょうか。アクセスは大変いいです。

私は杉ノ原には小さな子供の頃に一度だけ来たことがあるのですが、あまり記憶はございません。今回は一回どんな感じか行ってみたいと思い、シーズン前に前売りチケットも購入し、楽しみにしていました。

杉ノ原はいつでも小学生以下の子供が無料ですので、子供連れには大変優しいゲレンデです。
2012020407_2 杉ノ原はすごく長い八人乗りのゴンドラを中心としたスキー場です。
スキーブームも終わり、どこも設備投資をできず、老朽化した施設をなんとか使っているスキー場が多い中、このゴンドラは大変新しく快適です。

乗るのに、ほとんど階段を登らなくてもいいのは楽ちんです。

少人数の優先レーンがあって、ちゃんと係員がついて、なるべく8人で乗せる努力をしています。おかげで列の割にはすぐに乗れる気がします。

案外人件費もかかりますし、こういったことをちゃんとやっているスキー場は少ないです。

このゴンドラは右回りで運行しています。私の記憶では右回りのゴンドラは初めてかも。ロープウェイはありますが。大変珍しいのではないでしょうか。
2012020405 ゴンドラ付近のゲレンデは比較的緩やかで広く、かつかなりのロングコースですので滑りごたえは抜群です。上級者にはちょっと物足りない面もあるかもしれませんが、初心者にとってはいいと思います。
2012020403 ゲレンデは非圧雪と表示してあるところ以外はきれいに均してあります。人もまばらなので思いっきりぶっ飛ばせます。
2012020404 ゴンドラからはさらに高速のクワッドリフトでゲレンデ最上部にいけます。今回の寒波でゲレンデは下部までいい雪質でしたが、上部はさらに質が違います。

サラサラかつ締まった雪で、いくら妙高といえどこれほどまでの雪質はそうお目にかかれません。とろけそう。
2012020418 上部には非整地バーンもあって、今回はフワフワの新雪を堪能できました。ええわぁ。

杉ノ原は基本ゲレンデ以外滑走禁止で、いたるところに侵入禁止の看板がありますが、最近の流行りかなにか知りませんが、リフト下も林の中もお構いなしでたくさんの人が入っています。本当にマナー悪い人が多いです。

おそらく雑誌や映像に感化されているのでしょうが、そうやってマナー悪い人に限って下手ですので、木や鉄柱にぶつかる危険が大です。

本当に上手な人は勝手にそんなところには入りません(一般的に)。ゲレンデ以外で自己責任で山スキーを楽しみましょう。

今は閉鎖されている急斜面のバーンがあるのですが、斜面に亀裂なんか入ったりしているのに、トレースの跡が何本も・・・。

いやぁ、無知って本当に怖いものです。こんだけ大量に一気に積もった急斜面に入るなんて、本当に死にたいんでしょうか?
雪崩なんか引き起こしたら、下のゲレンデ滑っている人たちも危険にさらすのに。

今年も野沢温泉で遭難がありましたが、コース外を滑る人は容赦なくリフト券を剥奪すればいいと思います。

実際以前パトロールがリフト券剥奪している所を他のスキー場で見たことがありますが、野放しにしないほうがいいと思います。
2012020417 本日の昼食は知る人ぞ知る「サンアントン」。
スキー場とは思えない料理が安く食べられます。
2012020416食べたのは生姜焼き定食。とにかくボリューム満点!!
女性は頼む前に考えたほうがいいかも。大きなとんかつ用の豚肉が二枚生姜焼きにされています。
2012020402午後からも雪は緩むことなく、今回はずっと気温が低いままでした。天候は終始雪が降っていましたが、そんなに荒れませんでした。

子供たちは元気いっぱい。泊まりということもあって結構遅くまで滑りました。

杉の原は自分のイメージの中で緩やかで初心者が集うゲレンデという勝手なイメージでこれまで近づいてきませんでした。

実際に滑った感じではゲレンデが広くて長くて、人口密度も低くて、思いっきり滑ることができます。

ただ、全般的に単調な感じは否めません。圧雪してあって、もう少し斜度のあるコースもあればなぁと思います。

子連れやグループなんかで行くのはいいのではないでしょうか?

なんてったって小学生以下無料ですから。(これはめちゃめちゃ助かる)

設備はすごくいいですね。全体的に受けた印象はよかったです。

ただ、今回の雪質では、どこのゲレンデ滑ってもいいはずなので、ちょっとそういった補正も入っているかもしれません。
2012020411 ゲレンデ下部には大きなカマクラが作ってありました。

杉ノ原は経営が大手ですので、やはり集客のためのサービスには力を入れている感じが伝わってきます。

がんばっていますね。

そうそう毎回行こうとかそんな感じのスキー場ではありませんが(あくまで私自身)、また一つゲレンデ選択のバリエーションが増えた感じがします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
クリックお願いします


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

帰ってきました。

今日と昨日で一泊二日で久しぶりにスキーに行ってきました。
場所は、土曜日が妙高杉ノ原。
20120204065844_3 日曜日が赤倉観光リゾートスキー場。
20120204065844_2 さっき帰ってきまして、撮ったビデオ画像をパソコンに取り込んで、取り敢えず今日の記事にする分の写真二枚をキャプチャーして、早速ブログを更新。

さすがに疲れましたので今からスキーの記事を書くのはやめて今日は早めに寝て、明日以降記事にしていきたいと思います。

でわ(o・ω・)ノ

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
クリックお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

ジャパニーズビジネスマン

先日仕事関係のお客さんとその協力会社の人が集まって新年会を兼ねての交流会みたいな会に参加してきました。

普段はあまり話をする機会のない他社の営業の方々と名刺交換したり雑談しながら酒を飲んできました。

「もうかりまっか?」

「ぼちぼちでんな」

というのならいいのですが、

「もうかりまっか?」とくれば

「さっぱりですわ」

というのが昨今の合言葉のようだ。日本てなんでこうなっちまったんでしょうかね?

世界情勢が悪いのか?政治家が悪いのか?政治家を選んだ我々が悪いのか?

まぁ、こんな湿っぽい話をしてもつまんないわけで。

今、日本列島には強烈な寒波が来ていて、いろいろ雪害も起きているみたい。

会に参加するメンバーは名古屋や大阪からの人が多くいました。

高速道路も福井で通行止。サンダーバードも運休。こんな日に富山に来るのって大変です。

大阪を朝出発し、雪で大幅に遅れて、会には参加できず、二次会の会場にようやく到着した営業の方もおりました。

よくそこまでやります。ジャパニーズビジネスマンですな。
一人で車を運転し、慣れない雪道。道路は大渋滞。きっと泣きそうになったと思います。
ほんとうにお疲れさまでした。

名古屋も昨日は市内で15センチ積もったとか。

なーんだ、たったの15センチと思うかもしれないけれど、名古屋で15センチ積もったというのは、富山で1m積もったに等しいい大混乱なのです。

交通は麻痺。滑って転んで怪我する人が後を絶たず。

みなさん帰りのことも心配しておられましたが、寒気もちょっと緩んできましたかね?
ちゃんと帰ることができたでしょうか?

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
クリックお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

ポンジャン新ルール

以前ポケモンのポンジャンを購入(表向きはサンタさんがくれた)した記事を書きました。

ポンジャンを持っていない人や、やらない人は今日の記事を読んでも時間の無駄なのであしからず。

以来何度か子供たちと一緒にポンジャンを楽しんで来たのですが、やるにつれどうも腑に落ちないというか、ルールが適当すぎるためどうも面白くない。

そこで独自のルールを色々と考案。我が家独自ルールを設定いたしました。

ダメな点としては、
なんでもいいから三種類集めてあがる「基本あがり」という役なしのあがり。これは点数が低いですが簡単にあがれます。さらにポンジャンには「マスターボール」というオールマイティー牌があるので、さらに上がりやすく、ゲームバランスを著しく欠いてしまいます。

そこで新ルール「基本上がりにマスターボル使用禁止」

(役ありならば使っても良い)


フリテンの概念がなく、なんでもかんでも上がれてしまいます。そこで、
「フリテン出上がりは禁止。ツモあがりは可」
(フリテンとは自分が捨てた牌であがること)

親は子の倍の点数をもらえるのですが、子がツモっても払う点数は子と同じ。
これではあまりに親が有利すぎます。
と、いうか親の時に上がれないとまったく勝てません。
そこで、点数を改訂して、本物の麻雀みたいに「子がツモった時は親は子の点数の二倍の支払い」としました。

あと、全体的に点数の配分がおかしかったので見直しました。
元々のルールだと、約有りの手を上がったらなかなかその人を逆転できなくなります。
ツモったら全員から同じだけもらえて、振り込んだら1/3払うだけです。

そこで、実際の麻雀と同じで、「振り込んだ際に払う点数はツモられて払う点の約三倍」とし、直撃によって逆転可能にしました。
振り込むということに対してのリスクがないと、単なる上がり競争になってしまいますからね。
降りるということをする必要が一切なくなってしまうのは戦略性に欠けますからね。

現行ルールだとツモられようが、振り込もうが、払う点は同じ。
振り込むことのリスクがまったくない。

初めてやったとき、フリテンもないし、必ずリーチをしないと上がれないルールなので、自分人だけリーチしていれば、出ても上がる必要全くなし。見逃してツモって三倍の点をもらえばいいということにすぐ気づきました。

牌の種類も少ないですし、同じ牌が9枚もあるので、ものすごくツモりやすいです。なのにツモれば3倍の点数がもらえるなら、出上がるのは本当にバカバカしいです。

「ツモっても出上がってももらえる点の合計は同じ」にしました。
そうすればあまり見逃すメリットはなくなります。
直撃のデメリットはかなり増しましたが、実際の麻雀もそうですしね。

ドラがないのでドラを作って一枚10点のチップ扱いにしました。チップなのでツモれば三倍もらえます。

さらに一発がないので一発をつけて、それもチップ扱い。

ダブリーもないのでダブリーもチップ扱い。

これによって一番点数の低い基本上がりでも、ドラや一発などで高得点が狙えるようにしました。

麻雀のルールというのは実にバランス良くできています。その要素を取り入れつつ、子供がやるものなので、難しくなくするのも大事です。

何を子供のゲームに真剣になっているのだと笑われてしまうかもしれないのですが、バカバカしいことをいかに真剣にやるのかって、そいつが粋なんじゃあ~りませんか?

またやりながら改訂して点数などいろいろバランス取っていきたいと思います。

なかなか家族四人でじっくりやる時間もないんですけどね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
クリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »