« 遠足 | トップページ | バガボンド »

2011年10月15日 (土)

吉久獅子舞

今日は吉久の獅子舞でした。天気予報ではあまり芳しくないとのことでしたが、なんとか持ち直したようです。知り合いがお獅子やってますので今年も見に行きました。

同時に「さまのこアート」という吉久の町中をアート作品で飾るという企画もやってますので一緒に見に行きました。
ちなみに「さまのこ」とは「千本格子」のことです。
Img_0044 このように家の表には「さまのこ」が残っています。
Img_0045 旧家の中がギャラリーになってます。
Img_0046 このような旧家が吉久にはたくさんあります。凄い造りです。
Img_0050 お茶会なんかもやってます。庭もすごい造り。とても民家とは思えません。
同じ高岡市の金屋町も「さまのこ」の旧家が立ち並ぶ町並みが残ってますね。

さて、肝心の獅子ですが、最初に見つけたのは子ども獅子。吉久には大人の獅子と、子どもがやる子ども獅子と二つの獅子が同時に出ています。順路は別々です。
Img_0043 しかし、子ども獅子と侮るなかれ。衣装、道具、獅子頭、お囃子とすべて本格的です。ちゃんと練習して鍛えられてますね。こんな子どもの頃からやってりゃ、そりゃ上手くなりますね。英才教育ですね。父母の方々も揃いのTシャツで子供たちを撮影。町全体で獅子舞を支えている感じがします。
Img_0060 それで、これが大人の方の獅子です。

午前中に「さまのこアート」を見に行って。午後から少し獅子舞を見学して帰りましたが、夜にまた今度は花を見に行きました。
Img_0084吉久の獅子は、お囃子も重厚で、元気ですし、踊りも細かい所まで本当にしっかりしていて、素晴らしいです。
Img_0088 今日は夜に用事があって、残念ながら一軒だけしか花を見ることができませんでしたが、また来年以降機会があれば見に行きたいです。

10月も半ばを過ぎると、獅子舞はほぼなくなります。まだいくつかこれからある獅子舞もありますが、今シーズン最後の獅子舞見学になるかもしれません。今シーズンも数々の獅子舞を見学に行きました。春まで獅子はおあずけになりますかね。

|

« 遠足 | トップページ | バガボンド »

獅子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉久獅子舞:

« 遠足 | トップページ | バガボンド »