« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

やんちゃキッズの大冒険2回目

この前立山少年自然の家で、子供たちが保護者抜きで泊まる企画の紹介をしましたが、先週末10/29~30に再び行われました。

うちの息子(年長組)がまた応募したら当選したので再び送り出した。

今回は同級生のお友だちも一緒。そのお友だちはうちの息子と一緒なら行くと言ったらしいが、まぁ、行ってしまえばあんまり関係ないと思う。

ちなみに同じ班にはならないような配慮がされているとか。

集合場所に送って、「バイバイ」したらあとは帰ってくるのを待つだけ。

そしたら

「なんと言うことでしょう~」(某リフォーム番組風)

一回り勝手に成長して帰ってきますhappy01

今回は完全ノータッチでしたので写真も無し。

やはり子供たちだけでキャンプは他の親にしたら心配だそうな。

「うちの子大丈夫だろうか・・・?」そう思うのが親心でしょうか?

でも、あのキャンプ行ったら、絶対に母親恋しくなりませんよ。楽しくてそれどころじゃないでしょう。

我が家は「かわいい子には旅をさせろ」の方針。

転んでも抱き起こしたりしません。泣いても基本お構いなし。

主義としてやってますので、手を貸したいときにもグッと堪えることも肝要かと。

11月には上の子が今度は二上青少年の家の同じような企画に行きます。

小学生の部は倍率高いらしいです。

40名の定員に募集が242名だったとか。

当選して良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月30日 (日)

砺波市太田獅子舞

昨日は私が仕事で妻が子供と出かけていたのですが、今日は妻が仕事で私は子どもとお出かけ。

といっても、午前中は町内の行事のため出かけたのはお昼近く。

今日は親類のいる砺波市の太田地区で獅子舞があるので出かけてみました。
太田の獅子はこれまでに何度か見に行ったことがあります。
ちなみに毎年10/30日と決まってますので、今年はたまたま日曜となりましたが、通常は平日です。

お昼過ぎから獅子がでますので、まずは砺波市内で腹ごしらえ。
うちの娘がオムライス好きとのことで久しぶりに「ルリエ」へ。
次から次へと客が途絶えることがない・・・。
相変わらず繁盛してますね。(と、いっても行ったのは約10年ぶりだが)

それはさておき、獅子舞ですが。

天候は少し雨がちらつく微妙な天気。これ以上降らないことを祈りつつ、「太田住吉神社 」へ。
ちょうどお祓いの途中で、待つこと20分。獅子が始まりました。
Dsc00114 カヤの中には枠があります。中には5人。赤い頭の雌獅子です。ピカピカの立派な頭。
獅子方はきらびやかな袴をはいてます。
獅子の踊りは睨み獅子。動から静の動き。ピタッと静止したときの睨みが特徴です。
鼻に襷のような布を縛っているのも特徴的です。(鼻輪した牛みたい)
私にしたら珍しい感じがします。
Dsc00110 獅子に相対するのはジャグマに素面の獅子取り。小学生の子どもですが、しっかりとした踊りでした。きっと一杯練習したことでしょう。
Dsc00111 目録です。紋付き袴で決まってます。
本当にこの目録の読み方は所により様々です。
獅子に相対するもの。獅子に背を向け家に向かうもの。獅子と家の間で横を向いて読むもの。上の写真のように数人で読むもの。一人で読むもの。立って読むもの。座って読むもの・・・etc。

また口上や読むタイミングなんかも様々です。

考え方や風習は様々ですのでどれが正解とかどうとか言う気はありません。自分の所と違ったやり方を見たとき。「そいつは違うぞ!」と否定する方がおられますが、よその獅子舞を見るときは自分たちと違ったやり方をこそ楽しめば良いと思います。

「ご祝儀に対してお礼を述べる」という目的はおそらく同じでしょう。しかし、その方法がこうも場所によって違うというのは、面白いことだと思います。

太田の獅子は、目録の前に獅子が下がって、目録の後、ちょうどその目録をゴールテープにするかのごとく、獅子が突進。玄関先(ここの場合は神社の石段)に鼻面を突っ込んで舞ってました。
読んだ後どうするのかっていうのも見所の一つですね。

Dsc00112 写真でもわかるように、幕の中に入っている人の動きが揃ってますね。動きは本当に一つ一つしっかりしてます。知り合いに聞くところによると、随分練習しているとか。
鍛えられている感じが伝わってきます。
こういった所きちんとするには本当に大変な練習を重ねる必要があります。五人の人間が入った獅子が一匹の生き物のように見えるのはそんなに生やさしいことではございません。

さて、砺波地区も結構たくさんの獅子がありまして、その開催日もまちまちです。
ちょっと見つけたので勝手にリンク貼っておきます「砺波獅子日程
合ってるのか違ってるのかは知りません。確かめもしてませんのであしからず。

この日程にもありますが、砺波ではなんと11月にも獅子舞やるところあります。おそらく県内最遅ではないでしょうか?(違ってたらご指摘下さい)
11月っていったら、雨なんか降った日にはもう・・・。
想像もしたくありません ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月29日 (土)

創作教室&学園祭

今日は本当に素晴らしい晴天sun
絶好の行楽日和なのだが、残念ながら私は仕事crying

今日は子供たちが妻と出かけた話題です。

月に一回、年間約10回ほど「大島絵本館 」で創作教室というのをやってます。
親子で工作をするという企画で、年度の初めに登録する一年間のプログラムです。
しかし、年度の途中でも登録は可能だそうです。

私も仕事や用事がなければついて行くのですが、今回は行けませんでした。
今回は「ステンドアート」という課題で、グラスにステンドグラス風の絵を描くというものです。
Img_0176 娘の力作です。ブログに載せてあげるって言ったら大喜びしてました。

次回は陶芸(のまねごと)をするそうです。

今のシーズンは大学の学園祭シーズンです。
あまり馴染みがないかもしれませんが、大学の学園祭って結構おもしろいものです。

富山大学の高岡キャンパスの「創己祭」に行ってきたらしいです。

なんと!そこに今話題の漫画家「岳」の石塚真一さんがゲストに来ておられたそうです。
Img_0174 サインする石塚氏

くっそー。知っていたらなぁ・・・。
知ってても仕事で行けませんが・・・。

そんでサイン会していたらしいので、嫁さんがサインもらってきてくれました。
Img111上に(私の名前 )さんへって書いてあります。

「確かあんた好きやったよね?」って

嫁さんナイスo(*^▽^*)o

「岳」凄く好きです。愛読してます。めちゃめちゃ嬉しいです。

しかし、どういったいきさつでゲストに来てくれたんでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月27日 (木)

ヒーター

今朝は本当に寒かったです。
放射冷却だとか。冬の足音が近づいてきました。

外に出ると白い息が・・・。
しかし放射冷却のあと日中はとても気持ちの良い快晴でしたsun
天高く馬肥ゆる秋ですね。

ラジオの天気予報では小春日和と言ってました。
ちなみに小春日和は春先の暖かい日ではなく、
秋口の今くらいの季節の穏やかな陽気を指します。
ですから秋限定の言葉です。

私も以前は用法を間違ってたことがありました。
「情けは人のためならず」の解釈に見られるような用法の勘違いが日本語では、普段構当たり前に使っている言葉でもありますので、注意したいですね。

今日我が家ではとうとうストーブを出しました。
しかし、冬まではもう少し今日のような小春日和が続いてくれるといいですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

野生の証明

先日高倉健さんが映画のロケで新湊にやってきました。
というわけで、健さんの昔の主演映画見てみました。
CS放送の録画ですけど。

見たのは「野生の証明」1978年公開とかなり古い映画です。
もちろん当時幼い私は見ていませんし、見るのは今回初めてです。

Beea88500056f7e3b5743680d6a57caf

ストーリー的には、今見ると???って感じの荒唐無稽なお話です。
「昔の角川」って感じの映画で、結構お金かかってんだろうなぁと思います。
現在ではなかなか作れないスケールの日本映画ではないでしょうか?

出演者は豪華ですね。
高倉健、夏八木勲、薬師丸ひろ子、梅宮辰夫、館ひろし、原田大二郎、松方弘樹、金子信雄、成田三樹夫、田中邦衛、大滝秀治、丹波哲郎、三國連太郎・・・etc
そのまま任侠映画作れますhappy01

健さんはさすがにかっこよかったです。絵になりますねぇ。
成田三樹夫さんの演技はさすがでした。悪役やらせたらほんと天下一品。ブチギレさせたら最高ですねぇ。

悪役の親玉の三國連太郎さんもすごかったですね。ちょっと肺が悪そうな人の役ですが、本当に肺が悪そう。ゴホゴホ咳き込む所なんか演技とは思えません。

CS放送で古い日本映画毎日バンバンやってますが、普段なかなか見ません。たまには古い日本映画見るのもいいもんだなぁと思いました。またそのうちなんか見てみますかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

ハロウィンパーティー

なんか、近々子供たちが、近所でハロウィンパーティーとやらに行くらしい。
100円ショップで帽子やらマントやら買ってきました。

しかし、ハロウィンってなんか今ひとつピンときません。
カボチャと仮装ってだけでよくわかりませんね。
我々が子どもの頃にはあまり見られませんでした。

ハロウィンてキリスト教の儀式だと思っていませんか?
どうもそうではないらしいです。だからキリスト教の国すべてで行われるわけではないとのこと。
そんな行事がキリスト教関係無しの日本で行われているのは滑稽ですね。
こういったことをさらっと受け入れてしまえるのは日本人らしいんでしょうかね。
宗教的なことはともかくとして、何でも商売にしちゃう節操のなさというか・・・。

この時期になるとカボチャの飾り付け見るの普通になってきました。
いつの間にかそれに全然違和感感じなくなってきましたねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

新湊カニかに海鮮白えびまつり

今日は新湊漁港で「新湊カニかに海鮮白えびまつり」でした。
近所なので子供たち連れてちょっと散歩がてら行ってきました。

お昼過ぎに行きましたが、凄い車の数でした。
Img_0148 いろんな屋台が並んでいました。
昼飯食べたばかりで行ったので、何も食べる気おこらず。
こういった所は腹すかせて行かないとねhappy01
Img_0149アレマー玉井のマジックショーやってました。家に帰ってから写真見たら玉井さんの顔が風船で隠れてました・・・。

マジックショーは子供たち喜んでました。アレマーさん各地で大活躍ですね。
以前、人もまばらな会場で、だれも見ていないショーを懸命にやっていたのを見て、芸人さんて大変だなぁと思った事もございましたが、今日はたくさんの観客の前でした。

アレマーさん頑張ってもらいたいです。密かに応援してます。

一回りしたところで雨が降って来ましたので早々に会場を後にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麻雀

昨日の土曜日は久しぶりに会社の仲間達と麻雀しました。
時々会社の仲間と麻雀しています。年に5~6回くらいやってますが、今年は何かと都合がつかず、やっと二回目の開催です。

私たちはいつも麻雀は徹夜でなく(もう体力的に無理)日中行います。
場所は金沢まで出かけて「テルメ金沢 」で行うことが常です。

テルメは現在入館料600円(期間限定らしいですが、いつも600円)ですcoldsweats02
麻雀ルームは全自動卓が18卓もあって、朝六時から夜中の三時まで一卓3000円ほど払えば好きなだけ打てます。いつも18卓あってもほぼ埋まってます。

金沢は大型サウナが他にもあって「サンパリオ 」にも巨大麻雀ルームがありますし、「ゆめのゆ 」にもあります。初めて見たときは本当にびっくりしました。富山にはない金沢麻雀文化ですね。

麻雀やる人はわかると思いますが、麻雀はなかなかやる場所ないです。大学生の頃は人のアパート転がり込んではコタツで麻雀しましたが、さすがに今人の家でやるっつーのは、難しいですね。それと、椅子の全自動で打つと、もう座卓の手積みでなんか打てなくなってしまいます。腰が痛くて長時間は無理。

んで、結局雀荘とかで打つことになるのですが、結構お金かかりますし。

金沢のサウナの麻雀ルームは麻雀やるにはいいですね。結構富山弁も聞こえてきますし、富山の人もたくさん来てますね。

私らはメンバー全員がたばこ吸わないのですが、たばこの煙モクモクなので嫌煙者にはつらいかもしれません。

それと雀荘と違ってマナーは悪いです。大声で叫んだり、牌を叩き付けたり。サウナの牌は割れてもなかなか交換しませんのでヒビが入った牌だらけになります。牌叩き付けるのだけはホントマジで勘弁して下さい。(気持ちいいのはわかるんですが・・・)

だいたいマナー悪いのはおっさん達で、今の若い人たちはコタツでなく雀荘で麻雀する文化なのか、マナーよく静かに打ってます。(すべてとはいいませんが)

さて久々の麻雀の結果ですが、今回は調子が良くて私の一人勝ちscissors
今回の思い出は、メンタンピン三色一盃口ドラ3を上がれたことです。この形ありそうで滅多にありません。多分私の記憶では役満くらいないかも。私基本的に一盃口、三色、一通は安目がきますので・・・crying

仲間同士のわきあいあいニコニコ麻雀ですので。あーだこーだ言いながら牌をつまむと本当に時間が経つのを忘れます。
今回は朝9時頃から夜の11時頃まで打ちました。最後にゆっくり風呂に入ってかえってきました。

年内にもう一回くらいできたらいいかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

下立(おりたて)獅子舞

今日は仕事で黒部方面に打ち合わせに出かけました。
今日は宇奈月の下立地区の獅子舞です。毎年10/21に行われているらしいです。
平日ですので通常はなかなか目にすることはできません。
めったにないチャンスなので少しだけ早めに出て、ちょっと見学に行きました。

まずは「下立神社」 に向かいます。
非常にわかりにくく、狭い道を行ったところにあります。
家々には幕も吊ってなく、特に幟なども立っていないので、本当にお祭りをやっているのか不安になります。どうも祭りらしい雰囲気が周りからは感じられません。
Img_0128 しかし、神社に行ってみると境内には香具師もあって、幟も立っています。
あとは獅子を探すだけ。
Img_0129 獅子はすぐに見つかりました。
すごいです、天狗が8人もいますcoldsweats02
Uvs111021002 数名の天狗が獅子の前で棒を打ち鳴らし激しく踊ります。
獅子は頭としっぽの2名です。呉西方面でみられる百足獅子の形態とはちょっと違います。
写真の奥に着物を着た女性達が見えますが、獅子の合間に花笠音頭を踊ったりします。
なぜ花笠音頭なのかはわかりませんが。
Img_0135 道化役の「爺・婆」が獅子に随行し、箒で道を掃いたり舞にちょっかいを出したり、子どもお驚かせたりして場を和ませます。
Uvs111021001 下立の獅子は前から見てみたいと思っていましたので、今回見ることができてよかったです。天気も非常によく、素晴らしい祭り日和でした。
まだいろんな踊りがあるようで、ゆっくり見たいところではありましたが、時間もなく、一カ所での踊りを10分ほど見ただけで下立を後にしました。

獅子舞見学ばかりしている感じですが、私は「獅子舞」そのものと言うよりも、「伝統芸能」「民族芸能」といったものが好きなので、獅子はあくまでもその中の一分野です。たまたま富山は獅子が多いので芸能=獅子といった感じになってしまいますが。

学生時代に「民間信仰」「民俗芸能」と言ったことを少しかじって学んだことも影響していると思います。(専門的にではなくあくまで一つの講義としてですが)

所により様々な文化伝承があって、それを目にしたりしますと、面白いなぁと感じます。
下立の獅子は私が普段目にする獅子舞とは随分形態が違います。同じ県内なのに本当に富山には様々な獅子舞が伝承されていますね。
全然踊りや種類が違っている獅子ですが、お囃子の節なんかは部分的にちょっと共通するところもあったりして、様々なことが一体どのように伝播していったんでしょうか?
あっちからこっちに来たのか、こっちからあっちにいったのか。
ホント、伝承というのは面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

移動

ちょっとしたニュースでしたが気になったので。

この前の東日本大震災で「日本経緯度原点」と「日本水準原点」が移動したことがわかって、この数値を修正するための測量法の改正が18日の閣議で決定され、21日より公布・施行されるということだ。

ちなみに「日本経緯度原点」が東経139度44分28秒8869(東へ27cm移動、緯度は変更なし)に改められ、「日本水準点」が東京湾平均海面上24.3900m(2.4cm沈降)となりました。

だからどうしたって感じかもしれませんが、原点の数値が変わるのは関東大震災以来88年ぶりです。

それにともなって 国土地理院は、新たな原点に基づいて定めた東日本の4万4000点の三角点と1900点の水準点を今月末に公表する予定らしいです。

三角点ってみたことあるでしょうか?山の山頂付近に石でできた上にバッテンが彫ってあるあれです。ちなみにそこが山頂とは限りません。
水準点はいろんな形がありますが、三角点に似た形で、結構そこかしこにあります。普段あまり目にしないかもしれませんが。

詳しくは述べませんが、全国には原点に基づいて測量網が張り巡らされてます。それで、およそ日本中の土地、構造物等は、その位置が数値で表すことができるというわけです。また、高さの基準となる水準網も張り巡らされ、それによって物の高さも決まるわけです。

たとえば山の標高の海抜何メートルという「海抜」は「日本水準原点」があるからこそ一定の基準で統一されているわけです。

我々の生活には直接的には影響ないかもしれませんが、この数値が変わると、本、資料等の数値の改訂等その専門分野では結構影響あるはずです。

なんでこんなニュースが気になったかというと、自慢できるほどの資格ではありませんが、「測量士補」という資格を持ってまして、測量に関わった事がございます。三角点、水準点共によく利用しておりました。

そんなわけで、ちょっとこのニュースがラジオから聞こえてきたときに気になりました。
実際宮城では地面が4m以上も動いた場所があるとか。ちょっと信じられないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

缶コーヒー

今日会社のいつもの自動販売機でいつもの缶コーヒーを買ったとき、特に何も考えずにボタンを押したら、出てきたのはホットコーヒー。

冷たいコーヒー買ったつもりだったんですけど・・・。
(´;ω;`)ウウ・・・

しかもいつも買っているお気に入りのコーヒーはホットだけにされてしまった。
もうそんな季節なのですね。

期せずして今シーズン初のホットコーヒーとなりました。

ちなみに我が家では今晩は今シーズン初めての鍋でした。

もう鍋のおいしい季節ですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

北の国から

今BSフジで毎週月曜日に「北の国から」が再放送されています。
なんだか懐かしいので、毎週HDDレコーダーで録画し、見ています。
なんだか毎週ドラマを見るというのは随分久しぶりな気がします。

以前は結構ドラマを毎週見たりということがありましたが、ここのところそんな習慣はなくなってしまいました。
今はまずタイムリーでテレビを見ると言うことはほぼありません。見るのはほぼ録画したものです。

吉岡秀隆君(といっても私より年上なのだが)の純と中島朋子の蛍が生活していた時代は私が子どもの頃過ごした時代に近いので、ドラマの中で出てくる風景は懐かしい気持ちにさせてくれます。

放送が始まった当時は私は「北の国から」を見ていません。まだ幼かったですから。
総集編みたいのは見ましたが、実際子どもの頃の話を見るのは今回が初めてです。

再放送が始まってから、純も蛍もどんどん大きくなってきました。
しかし、同年代の子どもを持つようになってから見るとまた違った感じがしますね。

まだ再放送ではそこまで話が進んでいませんが、「92'巣立ち~」の頃、純が裕木奈江のタマコを妊娠させてしまい、菅原文太に謝りに行く話が放送された頃に私実際に富良野に行ったことがあります。

別に「北の国から」のロケ地巡りが目的ではなかったのですが、その頃は富良野ってかなり有名でしたね。

別になにもない普通の寂れた駅前でしたけど。

あれから20年足らずの年月が流れましたが、それ以来北海道に足を踏み入れた事はありません。

ドラマ見ているとまた北海道に行きたくなりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

バガボンド

昨日は久しぶりに休日出勤で仕事でした。
帰ってきてから今日は漫画読むぞ!と思い立ち、
井上雄彦の「バガボンド」33巻一気読みにかかりました。
ちなみに私は今回初読みです。

私、漫画読むのが好きで、結構いろんなの読みますが、一巻一巻出るのを待ち遠しく思いながら発売日ごとに読むのもあれば、雑誌で読むのもあれば、全巻一気に読むと心に決めてそれまで一切手をつけずにおいて一気に読むといった場合もあります。

ちなみにそれらをどう読むかといった選考基準はあくまで気まぐれです。大した意味はございません。
「バガボンド」は以前から読みたいと思いつつも、読むなら一気だなと勝手に決めて、昨日から今日にかけて一気読みにかかりました。

いやぁ、面白かったですわ。時間の経つのも忘れて、一気に読みました。

しかし、33巻が近づくにつれ何となく違和感が・・・。「巌流島の合戦」ってどうなるの?後数巻で書けるの?

なんの事はありませんでした。私の完全な思い違い、勘違い。
私勝手に「バガボンド」を全33巻完結と勘違いしてました(ノ∀`) アチャー

今、連載休止中だそうな。33巻はまだまだ全然途中ですがな。

しまった。(;´д`)トホホ…

しかし、私何を見たか聞いたかで「バガボンド」連載終了と勘違いしていたのか・・・。思い込みってやつですね。

おかげで続き気になってしまう事になりましたwobbly

2010年12月から長期休載に入っているそうで。きっとファンの人も続き気になってるんでしょうね。

面白かっただけに不完全燃焼です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

吉久獅子舞

今日は吉久の獅子舞でした。天気予報ではあまり芳しくないとのことでしたが、なんとか持ち直したようです。知り合いがお獅子やってますので今年も見に行きました。

同時に「さまのこアート」という吉久の町中をアート作品で飾るという企画もやってますので一緒に見に行きました。
ちなみに「さまのこ」とは「千本格子」のことです。
Img_0044 このように家の表には「さまのこ」が残っています。
Img_0045 旧家の中がギャラリーになってます。
Img_0046 このような旧家が吉久にはたくさんあります。凄い造りです。
Img_0050 お茶会なんかもやってます。庭もすごい造り。とても民家とは思えません。
同じ高岡市の金屋町も「さまのこ」の旧家が立ち並ぶ町並みが残ってますね。

さて、肝心の獅子ですが、最初に見つけたのは子ども獅子。吉久には大人の獅子と、子どもがやる子ども獅子と二つの獅子が同時に出ています。順路は別々です。
Img_0043 しかし、子ども獅子と侮るなかれ。衣装、道具、獅子頭、お囃子とすべて本格的です。ちゃんと練習して鍛えられてますね。こんな子どもの頃からやってりゃ、そりゃ上手くなりますね。英才教育ですね。父母の方々も揃いのTシャツで子供たちを撮影。町全体で獅子舞を支えている感じがします。
Img_0060 それで、これが大人の方の獅子です。

午前中に「さまのこアート」を見に行って。午後から少し獅子舞を見学して帰りましたが、夜にまた今度は花を見に行きました。
Img_0084吉久の獅子は、お囃子も重厚で、元気ですし、踊りも細かい所まで本当にしっかりしていて、素晴らしいです。
Img_0088 今日は夜に用事があって、残念ながら一軒だけしか花を見ることができませんでしたが、また来年以降機会があれば見に行きたいです。

10月も半ばを過ぎると、獅子舞はほぼなくなります。まだいくつかこれからある獅子舞もありますが、今シーズン最後の獅子舞見学になるかもしれません。今シーズンも数々の獅子舞を見学に行きました。春まで獅子はおあずけになりますかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

遠足

今日は息子の保育園の遠足だったらしい。
と、言っても歩いて行ったわけではないが。

ファミリーパークに行ったそうな。
子どもが遠足だと私の弁当も遠足仕様に。

えぇ、ウィンナーと卵焼き入ってましたとも。
さすがにキャラ弁とまでは行かないですが、息子の話だとバッチシキャラ弁の子もいるとか。お母さんも大変でござるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

満月

今月9日は十三夜でありましたが、実際に満月なのは今日12日でした。
今日は空に明るく満月が輝いていました。

新しく買ったデジカメで満月を撮ってみました。初めての被写体です。
Img_0041 少し空全体にもやがかかっていて、はっきりとは見えませんでした。
長秒時撮影というシャッタスピードを落として暗い場所を撮影するモードで撮影。

あまりきれいには撮れてませんねcoldsweats01

十三夜は「栗名月」または「豆名月」と言うらしいです。
だから今日は黒豆せんべい食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

デジカメ購入

今年はなぜか、我が家では電化製品の故障が目立つ。冷蔵庫、食器洗い機、そしてこの前デジカメが壊れたcrying

デジカメはこの前子どもが落としたせいで調子が悪くなっていて、フレームがゆがんで時々画面が映らなくなったりしていました。また、時々ものすごい高温になったりしていて、メモリーカードでもやられたら目も当てられないです。

そこそこ使用頻度も高いので、思い切って購入しました。

特に機種にはこだわりがあったわけではなく、以前CanonのIXYを使っていた流れで、ソフト等の入れかえが不要と言うこともあり、IXYを中心に考えました。

それで、ついに購入しましたIXY600Fhappy02先月発売されたばかりです。

私はあまり写真というものには今のところ興味がなくて、ちょっと簡単なスナップ程度が撮れればいいなと思ってます。だからコンパクトなやつが使い勝手いいです。

まだちゃんと使ってみてはいないのですが、電気屋さんで実機いじってたら、しばらく見ないうちにデジカメって凄く進化してたんですね。

同じIXYですが、前のよりも全然薄くて軽い。しかも8倍ズームは、このコンパクトさから考えれば驚きです。さらに、手ぶれ補正ってこんなに進化していたんですね。ブンブン振り回しながら撮ってもきれいに写りますcoldsweats02(通販番組みたいだが・・・。)

もちろん動いている被写体もうまく撮れます。さらに驚いたのはMAXでズームしてもぶれない。
以前のはズームしたらしっかり固定しないとダメダメでした。

暗いところも上手く撮れますね。
しかも、これらがほとんどオートで考えて最適にやってくれる。これがずぼらな私には本当に嬉しいです。

今まで、動きのある獅子なんかの写真は上手く撮れませんでした。これからはちょっときれいに撮れるかもしれません。

私はたまたまIXY使ってますが、他のメーカーでも同様な機能あるのかもしれません。携帯やスマホの写真なんかでも驚くほどきれいですものね。

ちょっと考えていたのよりも高価でしたが、数千円けちってもと思い購入しました。しかし、昔デジカメ買った時のこと思えば、あの値段でこの機能sign03
それが常識なんでしょうかね?しばらくカメラの値段とか性能の進化についてはノーチェックだったので驚きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

称名滝

はやいもので三連休もあっという間に過ぎようとしています。
さすが体育の日というか最高に天候に恵まれた三連休でありました。

今日は立山山麓に行く用事がありましたので、ついでと言うことで称名滝まで足を伸ばしてみました。称名滝は東北の友人が遊びに来たときに、大喜のブラックラーメン食べさせて、称名滝見せて、日本一の山室のノースランドを見学させた以来、実に10年ぶりです。
Img_4070 紅葉にはもうちょっと早いですかな?
天気も良かったし多くの観光客がいました。立山登山に向かう立山駅はかなりの車がいました。今は室堂あたりが紅葉の見頃だとか。
Img_4074 称名滝です。天気も良かったし、はっきりと滝の全貌が拝めました。
Img_4081グランドサンピア立山 」でランチを食べてから「らいちょうバレー」スキー場のゴンドラに乗って山頂駅へ。スキーシーズン以外にゴンドラに乗るのは初めてです。
ゴンドラからは、美女平から弥陀ヶ原、室堂、立山の山頂まで一望にできました。
Img_4087山頂では「ジップラインアドベンチャー」というアトラクションをやってます。たくさんの人が楽しんでました。予約制だそうで、見るだけとなりました。写真にもちらっと写ってますが、パラグライダーも多く飛んでました。

今日は先日立山少年自然の家にキャンプに行った息子を迎えに行くのが目的で立山山麓に来ました。「やんちゃキッズの大冒険」という少年自然の家が主催の活動で、子どもだけでキャンプに参加する企画です。詳しくは「こちら
Img_409240名程の子どもに対し20名程のボランティアのお兄さんお姉さんがつきます(教育学部系の大学生?)。もちろん子供たち同士はまったく面識ありません。今回は保育園年長組が対象でした。他の年齢でもその年齢に応じたキャンプがあるそうです。

親無し、知り合い無しで二泊のキャンプ、ちゃんとやってるか心配しましたが、ご飯作りにお絵かき登山など楽しんでやっていたみたいです。

こういった企画は昔からあったのかどうかわかりませんが、いいですね。また次の学年でもってリピーターが多いというのはうなずけます。定員を超えたら抽選らしいですが、チャンスがあればまたエントリーしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

姫野周辺獅子舞

今週末車を走らせていると、結構そこかしこで神社などに色とりどりの幟があがっているところを目にしました。獅子とは限らないのでしょうが、結構いろんなところでお祭りが行われていたと思います。

家の近所でも朝から太鼓の音が聞こえてきていました。
高岡の姫野、中曽根地区での獅子舞が一斉に今日行われていました。

住民運動会の後、ちょっと見に行くことにしました。
Img_4051 「姫野第一」の獅子舞です。太鼓は二人で叩いていますが、新湊の獅子とはちょっと感じが違います。胴幕は若い人たくさんいました。
Img_4053_2これは「中曽根第二」の獅子。子どもが中心の獅子舞ですが、お囃子は新湊の獅子舞の感じです。新湊の獅子や曳山で囃子をしてらっしゃる方が笛を吹いておられました。

といった感じでちょっと車でうろうろすれば方々で獅子が見られます。

今年は知り合いが参加している「姫野第四」 の獅子も見に行きました。
Img_4055 夕方ですが、ちょうど花とのことで、一軒見ていきました。奈呉町の囃子方の方々が囃子をしておられますので、曲や踊りは新湊の獅子の感じです。
松明の演目もあります。
Img_4057 「姫野第四」の獅子は初めて見に行きましたが、たいへん見応えのある踊りでした。
Img_4064 今日は大門の曳山でしたので、お祭り見学の流れで、ちょっとだけ見に行きました。

今日は他にも各地でいろいろなお祭りがあったことだと思いますが、いい天候に恵まれて、よいお祭りになったのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運動会

今日は全国各地どこでもそうだったのかもしれませんが、住民運動会でした。
Dsc00109 私も朝から参加してきました。
Dsc00108 順位はまぁ、いいでしょう。みんなわきあいあい楽しんでました。
本当に暑いくらいのいい天気でした。最高の運動会日和でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

ほうらい祭り

午後3時過ぎに妻の仕事が終わるのを待って、石川県白山市鶴来地区(旧鶴来町)の「ほうらい祭り」というのに出かけてきました。

前日の夜にネットでお出かけの作戦を練っているときにたまたま目についたので行ってみるかなと思い出かけました。鶴来までは金沢の山側環状線を通れば、下道で行ってもそんなに遠い感じではないですね。

ほうらい祭りは、存在は知っていましたが、実際に見るのは初めてです。
Dsc00103 金剱宮(きんけんぐう)の参道には夜店が連なり人で賑わっていました。
本日は、デジカメの充電器を家で紛失したため携帯での撮影です。

祭りを見るために鶴来の町中を歩きましたが、鶴来の町中は古い旧家が立ち並ぶ風情のある町並みでした。また、商店街の商店がちゃんと商店として並んでいました。昔商店街でした的なシャッターの並ぶ商店街ではありません。懐かしい町の雰囲気を感じられました。

肉屋、魚屋、酒屋、駄菓子屋、電気屋、本屋、和菓子屋、小物屋、洋品店・・・。昔は当たり前にあったんですが、だんだん姿を消して行きつつありますね。ここにはまだちゃんと残ってました。
Dsc00100 さて、祭りの方ですが、まず御輿を発見しました。豪華な神輿です。御祓所とされる商家や民家を回っています。
Dsc00098
御祓所にはこうして獅子頭を飾ってある所がいくつもありました。桐の産地で獅子頭の彫刻で有名な鶴来ならではですかね。
Dsc00096獅子です。獅子は見た限り、2ついました。 高さ2m、長さ10m程でしょうか?巨大なビニルハウスのような車輪付きのカヤに大きな獅子頭がついていて、それを二人か三人で操ります。
じゃぐまをかぶった人が得物を持って獅子の前で踊ります。面は付けていません。
獅子と戦うというよりは、獅子の前で武術の型を披露するといった表現が正しいでしょうか。激しい動きです。

激しい踊りに対してお囃子の方は三味線、笛、太鼓、さらには唄まであって、城端曳山の庵唄のような優雅な感じです。
Dsc00093 それで、これが造り物です。(画像が悪くて何が何やら・・・
bearing
私が見た限り4基いました。高さ5m程でこいつを担いでまわります。目が光ったり電飾ピカピカとかなり派手です。造りは思ったよりしっかりしていて、上手く作ってあると感心します。

昔の写真等を見るに、題材は真面目なのあり、ふざけたのありとかなり自由です。
この祭りは、御輿、獅子、造り物がほぼ一緒に巡行してます。

なんか本当に楽しそうなお祭りでした。そんなに客がわんさか見に来ているという祭りではなく、どちらかというと、町の人による町の人のための祭りって感じがしました。

もうみんな一杯お酒飲んで酔っ払って、大いに楽しんでます。造り物の上で指示を出す人も、着ぐるみ着たり、本当に自由な感じ。マイク持って下ネタ満載の変な歌を担ぎ手と一緒に大声で歌ってます。

伝統と格式に乗っ取ったバシーッとした祭りも見ていて気持ちがいいものですが、こんな楽しければえぇじゃないか的な祭りも私は好きですね。

みんな笑顔で、大声で歌い、飲み、騒ぐという祭りで、見ていて自然に笑顔になれます。あれ実際に衣装着て担いで輪の中に入ったら、相当楽しいに違いありません。

今日はちょっと遠く県外まで足を伸ばしてみましたが、面白いものを見られて満足しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とやま木づかいフェア

今日は妻が仕事で、仕事の後一緒に出かけようと言うことで、仕事が終わるまで久しぶりに娘と二人で過ごしました。

どこか近くでイベントということで、高岡のテクノドームで行われていた「とやま木づかいフェア」というのに行ってみました。

ただで木工体験ができました。
Dsc00106 金槌で釘を打って椅子を作るというものです。娘は金槌をほとんど使ったことがないようで、少しずつコツコツと打ってました。結構太い釘なので子どもの力ではなかなか入って行きません。

周りの大人を見ても皆さんなかなか手こずっておられるようで。普段あまりやらないですからね。
かく言う私も普段の日曜大工とかでも釘って滅多に使わなくなりました。もっぱらコースレッドをハンドドリルで打ち込むことばかりです。
Dsc00104 あと、卓上糸鋸盤で板の上に書いた(型があります)絵に沿って切って、鍋敷きを作るという体験もありました。もちろん娘にとっては初めてです。というか、電動工具に触ること自体初めてなんじゃないかと思います。

私は小さい頃、板や材木の切れ端をのこぎりで切ったり、釘を打って組み立てたりと、そんな遊びを結構やったおぼえがあります。おかげでそれなりにはのこぎり金槌などは使えると思います。
息子にもあまりそんなことをさせていないので、やっぱりたまには教えてやらねばと思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

三連休

なんだか10月に入ったら急に仕事がたて込んでしまい、今週は帰りが遅くなりがちでした。
工期ぎりぎりの仕事を手伝いに久しぶりに現場で体を動かすも、普段体動かしてないつけが回って全身筋肉痛wobbly

とりあえずなんとかめどがついたので、今週末は三連休になりそう。
仕事があるかもと覚悟していたので、あまり何しようか考えてなかった。
明日は妻が急に仕事となったようである。
息子は少年自然の家にキャンプに出かけるらしいので、明日は娘と二人。

さてなにをしようか。
今からパソコンの前で作戦考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

六渡寺獅子

今日10月6日は六渡寺の獅子の日です。
朝から雨模様でしたが、天候も回復してよかったです。

私は仕事で帰りが遅くなって見に行くことはできませんでしたが、
妻と子供たちが見に行きました。
仕事から帰ってきてもまだ帰ってません。
何件か花を見ているのではないかな。

いつも人で一杯なんですが、ちゃんと見られたのか。
帰ってきたら子供たちにどうだったか聞いてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

ダイエット?

昨日禁煙の記事を書いたが、禁煙していいこともあったのだが、よからぬ事もありました。
禁煙した多くの人がそうだと思うのですが、実はかなり太りましたdown

たばこをやめてから一年で7~8kg太ったでしょうか。
すべてたばこのせいじゃなく、怠惰な生活のせいもあるでしょう。私運動らしい運動はぜんぜんしてません。

7~8kgっていうと、なんかそんなでもなさそうですが、そのくらい太ると、これまで穿いていたズボンが入らなくなるか、そうとうきつくなってきます。

ベルトの穴をみるとその成長ぶりが感じられます。

と、いうわけで、ダイエット本購入sign03

というのは冗談で、別にダイエットのために買った訳じゃないですけどね。

単に私「ゲッツ板谷」の本が昔から好きで、買っただけです。どうでしょうか?あんまりメジャーではないのかな?ちょっと彼の人気の程はよくわかりませんが、この人の文章の勢いが昔からめっちゃ好きです。

秋の夜長に読書でも。ちょっと夜に時間もできましたしね。

まだ届いたばかりで読んでませんが、昔からのファンの私はもう表紙ですでに笑えます。ゲッツがやせてる・・・。

きっとまた大爆笑の内容なのでしょうが、楽しみに読んでいきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

祝禁煙一年目

今日は剣岳初冠雪。北海道旭川では早くも初雪だそうなsnow
今朝は本当に寒かったです。今日から子供たちも衣替えでした。
仕事で高速を東に向いて走ったので、雲の切れ間から雪をいただいた嶺がちらっと見えました。

さて、昨年の10月1日よりたばこの値段が上がりましたが、もう一年です。1日の夜に最後の一本を吸ってからはや一年が過ぎました。

実は最後の一本は最後の一本のつもりで吸った訳でなく、なんとなく始めてみました。だから家や車にはたばこがあったのですが、そのまま強行しました。
実際はかなりつらかったbearing
以前も一年ほど辞めたことがあったのですが、いつでも辞められるわって油断して一本吸ったのが大失敗。結局前よりも本数増えてしまいました。

はっきりいって、まだ吸いたいと思う瞬間があります。でも、徐々にそんなことも少なくなってきましたね。

はっきり言って私あまり意志が強くありません。なんで辞められたのかはよくわかりません。絶対辞めてやるという気合いもまったく入ってませんでした。
しかし、禁煙ってどれだけやれば成功なんでしょうか?
一年?二年?一生?

とりあえず、一年経ったので、「辞めました」って言えるんではないかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

獅子舞実演会

今日は午前中お宮の香具師に行って。それから昼食の後、氷見獅子舞ミュージアム に向かいました。今日は午後から「日名田(ひなた)青年団」による獅子舞実演会があるそうなので見学に行きました。
Img_2パンフレットです。日名田青年団の獅子は見たことがありません。知り合いがいるわけでもなく、今回はまったく予備知識無しです。
獅子舞ミュージアムではこうした実演会を行って観客に獅子を披露しているそうです。日程などは氷見市ホームページ  内の商工観光戦略課のイベント案内にあるみたい。これはホームページ内の本当にわかりにくい所にあります。もはや宝探しレベルthink
Img_4022 実演会は今回初めて見ました。獅子舞はミュージアム内部の演舞場で行われます。室内で畳に座って獅子を見る機会ってあまりありませんね。一杯の人です。入場料は子ども無料大人300円。そいえばこれまで各地でたくさんの獅子を見てきましたが、お金払って見たのは初めてかもcatface
Img_4014「入宮獅子」 という演技です。本番ではおそらく直線で踊るのでしょうが、演舞場が左右に観覧席がある作りなので、円を描くように回りながら演技してました。
Img_4038 「シシマイ」「ナガブリ」「ヒトアシ」「フタアシ」「キョウブリ」「バンガエシ」と演技が続きます。新湊の獅子は演技の名前は使う道具によって違うのですが、氷見の獅子は持っている道具が棒のような剣で数種類の演目を演じるので、正直言って踊りの名前がさっぱりわかりません。パンフレットのプログラムにて演目を確認しながら見てました。

最後は「サンコジシ」という取られた剣を天狗が取り返す的な演目でクライマックスを迎えました。激しく早い太鼓と、激しい動きの獅子。頭を持つ人間が何人も入れ替わり立ち替わり。これは氷見の獅子の特徴ですかね。結構長い踊りで、見応えがありました。
Img_4042 最後取り返した剣で獅子を突き獅子にまたがって会場を後に。大きな拍手が起こってました。
Img_4046 ミュージアム入り口に置いてある「ダン獅子」の大きいのでその気になる息子。「ダン獅子」の小さい獅子頭は家にもあります。

獅子舞実演会は今回初めてでしたが、また機会があれば、他の獅子も見てみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香具師にて

昨日は曳山祭りでしたが、八幡宮には翌日も屋台が出ていますので、午前中に子どもを連れて行ってきました。今朝は昨日帰ってきたのが1:30でしたので、8:00頃起床。一っ風呂浴びて眠い目をこすりながらも家族サービス。
私は祭りにはいつも参加している側ですので当日には子供たちを連れて行ってあげることはできないですから。
Img_3999 10/1は曳山祭りですが、10/2は放生津八幡宮では築山神事が行われます。破風神殿の屋根に主神の姥神が立ち、前は四天王が鎧姿で立ち他には客分(まろうど)が飾られます。
Img_4003 他には神殿で例大祭と放生会が行われています。通常は平日なので見ることができませんが、今年は日曜日なので見ることができました。写真は神事の一つ「乙女の舞」です。
私が子どもの頃は奉納相撲も行われていて、祖父が好きだったので、手を引いてもらって見に行っていたのを思い出します。(今はやってません)
Img_4004 八幡宮の前です。私が子どもの頃に比べて随分減りました。びっしりと屋台が並んでいましたが、今は以前の半分程なのではないでしょうか。これも高齢化や後継者不足なんでしょうね。
Img_4005 先日「つくりもん祭り」でAKB専門店を見つけましたが、「嵐専門店」を発見!
Img_4002 見て下さいこの怪しい雰囲気。中には何があるのでしょう?6歳の息子が入りたいと言ってききません。私も幼い頃お化け屋敷に入ったものです。
ピンク色のひよこに騙されたり。絶対当たるって書いてあったのに当たらなかったり。ほぼ成功不能の型抜きに没頭したり。香具師を体験するのもまぁ人生経験ですな。
一緒に行ってた私の弟が息子を連れて入って行きました。
息子が大きくなって自分の子どもを連れてきたときに、もうこれはないかもしれません。

さて、中身は・・・。お金払った人にしか分からないびっくりなワンダーランドと言うことだけ申し上げておきましょう。こういったものにお金を払って支えてあげるのも文化保存の一環と考えておきましょう。
Img_4012 しかし、子どもは好きですねぇ。私も子どもの頃大好きでした。一日中友達とウロウロしてましたね。あそこにはお金では買えない夢が一杯つまっていた気がします。
すべてやりたくてもお金がない。持っているお金をいかに有効に使うか。そりゃぁもう真剣です。今になって思うと、買い物の勉強してたのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新湊放生津曳山祭

昨日10/1は新湊放生津曳山祭でした。
Dsc00081_2 朝5:00公民館集合。まだ真っ暗です。
Dsc00084 先日イベント獅子をやった藤の宮にお参り。
この後公民館に戻り、いよいよ八幡宮に向けて出発。
Dsc00088しかし、天気の心配は何だったんだ?という位の好天sun雨どころか絶好の祭り日和になりました。こんな予報のはずれは歓迎ですね。
Dsc00087 晴天の江柱通りにて。結局かねてからの情報通り「法土寺町」の曳山は参加せず。
12台でのお祭りとなりました(´Д⊂グスン
私は例年通り笛を吹いたり太鼓を叩いたり。それ以外では山の後ろをついて歩いてました。
Dsc00090 新湊の曳山は一年ごとに巡行ルートが変わります。今年は長徳寺にて提灯の付け替えが行われました。
Img_3988 土曜日と言うこともあって、曳き子の数も例年より多く。朝からみんな元気に盛り上がってました。
私はもう曳き子は引退しましたので、あの輪の中には入りませんでしたが、賑やかな巡行は一緒に歩いていても心が躍りますね。
Img_3989 本当に例年になく凄い人でした。天気も良く、土曜日ですしね。
私もいろんな知り合いから声をかけられたり、声をかけたり。
夜の見所の湊橋の周辺はものすごい人でした。日中から場所取りがいたとか。

最後に新聞報道でもあった通り曳山の車輪が壊れるというトラブルがあり、少々道順の変更がありました。全然山が進まなくなったのでどうしたのかな?と思いましたが、初めて聞いたときは耳を疑いましたcoldsweats02

私は現場を実際に見ていません。

それにしても、けが人がいなかったようでよかったです。

最後は八幡宮に向けてお神楽を奏上して曳山は各町内に帰ります。

今年は天気も良く、観客も多かったため、盛り上がった非常によいお祭りでした。

布団に入り目を閉じると耳の奥でまだ太鼓が「どーーーん、どーーーん」と鳴っている音が聞こえる気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »