« きっときと市場 | トップページ | 新湊「あなたへ」ロケ »

2011年9月17日 (土)

むぎや祭レポート

本日9/17と明日9/18は富山県南砺市城端の「むぎや祭」である。「むぎや祭」については超有名なお祭りですので、ここでの説明は省きます。今日は「むぎや祭」に行ってきました。

今日は子供たちが、嫁さんの親の家に遊びに行ったので、久しぶりに子どもがいない日でした。嫁さんと二人で「むぎや祭」に行くことにしました。むぎやはおそらく子どもが見ても面白くないので、いいチャンスです。

祭に行って、「ベビーカステラ買え」だの「たこやき食べたい」だの言われないなんてなんて快適

しかし今日は天候が不安でした。出発するまでは降ってなかったのですが城端に着いたらちょうど降ってきました。
Img_3764 町には「じゃんとこいむぎや」に参加する派手な衣装を着た老若男女が多数おりました。「じゃんとこいむぎや」の説明は割愛します。
Img_3765 城端別院善徳寺のの境内特設ステージの競演会を見学。この頃から雨が激しく。

しかしおかげで人はまばら、前列で見ることができる。雨ならではですね。野外ステージと言うことで音響が悪く、でかいボリュームのスピーカーから聞こえるむぎやは、少々興ざめ。これじゃぁCD流してるのとかわらないじゃん
三味線胡弓に笛、唄もよい。会場も大きくないのだから生音でいいのでは?民謡歌ってる人の声量から言って、音をせめてもう少し絞って欲しい。

しかし、八尾のおわらみたいに馬鹿みたいに人がいるわけでもなく、割としっかり祭自体を堪能できるのでよかった。着物の女性は本当に美しく見えますね。女踊りにばかり目が行って、男踊りに集中できないImg_3773 おみやげ屋の「ささら」。なんでか「ささら」って家にありません?家の実家にも嫁の実家にもあります。なんでやろ?使ってるところ見たこと無いのに・・・。昔「ささら」ブームでもあったのかな?Img_3774 雨も本降りに。「よっしゃこい」の演技もずぶ濡れになりながら。ご苦労さまです。

ここで「じょうはな座」の屋内会場でむぎや競演会を見ることに。これで濡れなくてすみます。普段だとなかなか入れないのかもしれませんが、雨のおかげか楽に入れたばかりか、前の真ん中で見られました。Img_3777 こきりこもやってました。新湊の曳山ではこきりこ演奏します。私も笛でこきりこ吹いてます。しかし、実はこきりこ生で見たのは初めてかも・・・。Img_3782 踊っている女性はみなさん美しかったです。所作がいいですね。写真では伝わりませんが、生で民謡聴くといいもんですねぇ。感激しました(マイクは使ってます)。

ほんと最近おじいちゃんおばあちゃんに混ざって伝統芸能見てます

帰りに嫁さんと二人で食事して帰ってきました。いやぁ、嫁さんと二人で食事するなんて考えてみたら凄く久しぶりですわ。子どもいないっつーのもたまにはいいもんですね。(ちょっと高いもの食べられる

|

« きっときと市場 | トップページ | 新湊「あなたへ」ロケ »

」カテゴリの記事

コメント

日本中いたる所で、昔からのお祭ってあるんだろうね。
わざわざ調べたりすることもないから、
こうしてブログを通して紹介してもらえるのっていいね。

祭っていうと、伝統芸能を鑑賞するといより、
出店に行くっていうのがメインになってしまう
花より団子なわたしなのだけど…。


奥様と二人でお祭なんて、いいじゃないですか~。
うちなんてもはや、こどもが間に入ってないと間がもたん。

ちなみに「ささら」こっちでは持ってる家
見たことないよ~。

投稿: たろ | 2011年9月18日 (日) 15時25分

富山だとささら持ってる家結構あるんじゃないかな?おみやげだよね。北海道の熊の置物とか、天童の将棋の駒とか、鳴子のこけしとか福島の赤べこみたいなものかな。

投稿: おっぺら | 2011年9月18日 (日) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: むぎや祭レポート:

« きっときと市場 | トップページ | 新湊「あなたへ」ロケ »