« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

景品GET!!

先日中田かかし祭りに行った記事を書いたのですが、そのときに会場でスタンプラリーをやっていました。

子どもがおもしろがってスタンプを押しながら回ってました。
私は「どうせ当たるわけないから、めんどくさいしやめようぜ」
などと言ってたのですが・・・。

しかーし、当たりましたbell景品キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
Tumblr
昨日FAXと電話で、「当選しましたんで取りに来て下さい」とのこと。
Img さっそく取りに行ってきましたとも。買ってもきっとたいしたことないんでしょうが、何ででしょうこのこみ上げるうれしさは。(・∀・)ニヤニヤ

箱に入っていた応募用紙の数からして、結構な倍率であったと思います。
うちは家族四人の名前で応募してましたが、当たったのは「私の名前ですから」(ドヤ顔)

これが景品です。かかし祭りの包装してあります。
Img_3929 中身は何かな?と恐る恐る包装をといていきますと・・・。
Img_3930 「八幡屋菓子舗」(高岡市中田町5110-2 telephone0766-36-0614)様の「カボチャパイ」と「栗饅頭」詰め合わせ。

大変おいしくいただきました。

今週の月曜日からオータムジャンボが発売してます。
嫁さんは「宝くじでも買ってくれば?」と言ってましたが、きっとお菓子の詰め合わせで私のわずかの運も使い果たされたはず・・・。

でも一応宝くじは買ってこようかな・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月29日 (木)

練習終わり

今日でお囃子の練習は終わり。
明日は家で早く寝て、祭りに備えることになる。

八月の終わりから、町内の獅子舞、地元の獅子舞イベント、そして曳山と、祭りの練習しっぱなしの1ヶ月でした。

考えてみれば、ここ1ヶ月ほとんど夜は家にいなかった。
HDDレコーダーには未視聴の番組がたまりにたまり、他にもちょっとやりたいなぁと思っている仕事も全部停止中。
1ヶ月もお祭り気分だと、普通の生活に戻るのが大変である。

若い頃ほど祭の後の虚脱感にとらわれることはなくなったのだが、それでも寂しくなることだろう。

練習の帰りにはポツポツと雨が・・・rain
明日はずっと雨らしい。結構降るようだ。明日10/1の分も降ってしまえばいいのに・・・。

10/1の曳山祭りの予報はraincloudで降水確率は現時点で60%shock
やっぱり降るんだろうなぁ・・・。

私は昭和最後の年に初めて曳山に参加しました。今年で24年目になります。
昭和63年は天皇陛下のご病気のために曳山が自粛されて町内曳きのみ行われました。
それが私の曳山デビューの思い出。

それ以来曳山が中止になったことはありません。
雨で夜だけ行われたのが一回。雨でお昼過ぎに中止になったのが一回だけだったかな?
それ以外は小雨の際は決行でした。
順延というのは私の記憶では一度もない。

今年の雨はどのくらいなのかな。
中止?途中で曳き分かれ?それとも普段通り?

雨の日は10月始めとはいえ、めっちゃ寒いんだよねぇsad。だいたい衣装が薄着ですから。
山を曳かないので、体動かさないしなぁ。笛吹けなくなるからあまり酒も飲めないし。
ほんと、晴れてsun欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

DVD作成

今日は曳山囃子の練習が休み。
久しぶりに出かけない夜を過ごす。

今日は先日の獅子舞イベントを記録したビデオを編集する作業を行った。
編集するソフトはCorelのVideoStudio14PRO

お祭りではここ数年本番の様子をビデオで撮影し、編集を行ってメンバーに配布している。
それはちょっと頭にはちまき巻いて気合い入れて編集するのだが、今回は別にみんなに配ると言うわけでもなく、個人的に楽しむ程度だから、たいした編集は行わない。

いらない場面をカットし、ロゴ入れて、ちょっとテキストなんかも入れて、オープニングメニューをピピッと作ってさっと焼いてみた。

所要時間3時間ほど。

ちなみに今年の祭りのDVD作成は毎日夜遅くまで2週間かかった。
一昨年は3週間。これは今年が手抜きなんじゃなく、やれば上達するからですよ。

ビデオ編集ってやり始めたら結構面白いところもあるのですが、いかんせん時間がない。

家のホームムービーなんかはまったく手つかずのままたまっていってます。いつかちゃんと整理しないとなぁと思いながらだ。

ビデオカメラはもう10年前のソニー製。至る所ガタガタ。
当時は高かったし、画像の良さに感動したのだが、さすがに今では不満も多い。

子どもの運動会なんかじゃ、こんな年代物使ってるのは恥ずかしい。
新しいビデオカメラ欲しいよーbearing

やっぱ昔のカメラだと、太鼓と笛の音がよく撮れません。マイク良くないんだよねぇ。
それが一番の不満。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

長徳寺曳山町内曳き

今日は長徳寺曳山の町内曳きが行われました。
長徳寺は毎年お祭りの10/1の直前の日曜日に町内曳きを行っています。

(町内曳きのスタイルは各町内まちまちです)

町内曳きとは普段の祭りでは通らない町内中の路地を山を曳いて回ることです。

家から長徳寺に向かう途中「川の駅」に立ち寄りました。
Img_3903 四十物町(あいものちょう)と紺屋町の曳山が二台常設展示してあります。普段は見られない上からの眺めに興味津々。
Img_3905 模型の展示です。中町の山は電動で回転します。他の山も前人形が電動で動きますhappy01
「川の駅」は入場は無料ですので気軽に入ってみるといいと思います。

Img_3906 長徳寺に向かう道すがら、奈呉町では曳山の組み立てが行われていました。今朝は朝早くから組み立てているそうです。15:00頃行きましたが、まだもうちょっとかかりそうな感じでした。

組み立て風景が見られるのは奈呉町だけです。

奈呉の知り合いに挨拶して、ようやく長徳寺に到着smile

3:30から町内曳きが始まりました。
Img_3909 長徳寺は今年車輪を補修しました。ピカピカに生まれ変わりました。
Img_3915 さすがに町内曳きは人数が少なくてなかなか曲がりませんcoldsweats01

法被はオレンジ色の以前の法被を使ってます。ちょっと懐かしい感じがします。
Img_3918 直線部ではロープを張って子供たちに曳かせてます。
もちろん誰でも参加OKです。終わったら公民館ではお菓子ももらえますのでお子様お持ちの方は参加してみて下さい。

注:本番では行ってません。

今回は子ども連れと言うことでずっと見学していまいた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中田かかし祭り

お祭り三昧の三連休だったが、ここまできたらとことんと言うことで、行ってきました中田かかし祭りscissors

私、行くのは初めてです。

メイン会場は例えるなら、ちょっと大きな納涼祭って感じでしょうか。かかし同様手作り感満点です(けなしてる訳じゃないですよ)
Dsc00079 デジカメの充電が切れたのでやむなく携帯で。画像悪くすいません。

かかしは時事ネタが多いです。やっぱり「ナデシコジャパン」が多かったです。
Dsc00077 キーパー海堀選手の好セーブ。こいつは頭の感じがgoodgood
Images_2 こいつですね。

時事ネタと言えば
Dsc00073 こんなのや(ガイガーカウンターぶら下げてます)
Dsc00074 こんなのもありました。

私的に一番気に入ったのは
Dsc00075 室伏広治です。シンプルですが特徴を捉えていてよかったです。

会場には昨年の作品も飾ってありました。昨年は「ゲゲゲの鬼太郎」(ゲゲゲの女房ブーム)と坂本龍馬(NHK大河ドラマ龍馬伝)が多かったみたいです。

みんなで楽しんでる感じの、肩の力を抜いたほのぼのとしたお祭りでした。

アレマー玉井さんのマジックショーもやってました。(富山県民にしかわからんけど)

天候にも恵まれて、たくさんの人が来てましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

獅子舞巡り

さて、秋分の日の三連休は各地で獅子舞が行われています。つくりもん祭りに行った後、家に帰る道中寄り道して、いくつか獅子を見てきました。

まずは能越道で氷見に向かいました。余川(よかわ)の獅子が今日であるとの情報を見て余川に向かいます。着いたのは2時過ぎころでしょうか。余川は氷見北ICのすぐ西側です。獅子を探すとお宮さんの所に獅子を発見sign03早速行ってみます。
Img_3859 余川の3町内が集まって宮(金田神社)で踊るところでした。予備知識無しで行ったのに、いい場面に出くわしました。ラッキーshine
まずは子ども獅子が出ました。(氷見にはこんなのもあるんですね)
頭も衣装も本格的です。なかなか踊りも大人顔負けというか、言い方悪いけど、獅子の下手な地区の獅子よりよっぽど見応えある獅子です。
Img_3864 子供用の烏帽子ですが、豪華な刺繍が施されてます。
Img_3865 子どもの後はいよいよ3町内の踊りです。
新湊では同じ神社を使用している町内でも合同で踊ると言うことはありませんから、獅子が同時に何頭も揃っている光景はあまり見慣れません。

Img_3873
しかしなかなかの迫力です。
地区が同じだと頭や衣装は同じ感じで揃えているのでしょうか?
Img_3879 お宮の前です。秋祭りmapleって感じです。新湊の町中には田んぼがほとんどありませんし、獅子は春の祭りなので、秋の風景とお獅子の組み合わせもいいものですね。
天日干しされる稲は久しぶりに見ました。懐かしいですねぇ~happy02

何やら西の方からもかすかに太鼓の音が聞こえてきたので、行ってみると神社に幟が。
「五柱社」という神社にも獅子がいました。
Img_3888 ここには2台の太鼓台がありましたので2つの獅子があるようです。
谷村と言う所らしいです。(もう一カ所はなんて所か忘れましたすみません)
宮で神事をやっているところでしばらく待っていたのですが、一向に踊る気配もなく、時間も遅くなるので残念ながら踊りは見ることなく帰りました。

氷見から射水に帰る帰り道、ついでと言うことで伏木に寄ります。昨日は伏木若草の獅子を見に行きましたが、今日は加古川(かこがわ)の獅子を見に行きました。
Img_3891 ここにもちょっと知り合いがいて、挨拶がてら見学させてもらいます。
太鼓台が提灯山です。
ここは中高生くらいが主力の若い獅子舞です。賑やかにかけ声を出して飛び跳ね踊る元気の良い獅子でした。囃子方の女の子達も一緒に声を出して賑やかに楽しそうでした。

帰りに高岡で買い物をし、夕食を食べてから自宅に戻る途中で、自宅の隣町の作道(つくりみち)の獅子舞を見ていくことにしました。獅子はすぐに見つかりました。
Img_3894 狭い家の前で松明6本を振り回す豪快な踊りです。以前見たときはなかった気がしますが、最近取り入れたのかな?

Img_3902 獅子に酒を飲ませて酔わせて戦う踊りです。酒ぶっかけてますcoldsweats02
中身は本物の日本酒bottle
酒のしぶきが飛び散って周り中酒臭いです。

てな感じで、ぐるっと廻ってやっと自宅に到着。車の中でも南長徳寺の獅子舞のDVD見てたので、獅子三昧の一日でしたhappy02

しかし、この三連休を過ぎると、獅子舞の祭りはぐっと少なくなってしまいます。シーズンはもう終わりですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

つくりもん祭り

今日は朝から天気が良く、高岡市福岡町で開催されている、「つくりもん祭り」に行ってきました。
Img_3839 福岡の町中が歩行者天国で至る所に「つくりもん」が飾られています。旧家の並ぶ風情のある町並みです。

以前より一度行ってみたかったのですが、今回初めて行きました。
Img_3837 すべて野菜果物等の食べ物で作ってあります。全部で40カ所くらいの展示があります。
これは「猫バス」
「巨神兵」に見えるのは私だけでしょうか・・・。口からビーム出そうhappy01
Img_3835 小さいのもあります。小学校部門の金賞(だったかな?)の作品です。
Img_3844 野師もたくさん出てます。凄いですね。初めて見ましたsmile。まさに時代を映す鏡ですねぇ。
Img_3848 つくりもんは、一応投票などで順位をつけているようなのですが、これは今年の優勝作だそうな。高さ4m程でしょうか。巨大な作品です。写真では分かりづらいかもしれませんが、細かい所もすべて食べ物です。城の壁はすべて「豆」が貼り付けてあります。
Img_3855 小学生の小さな作品の集まりです。野菜の特徴的な形を上手く生かして作ってあります。

今回初めて行ったわけですが、なかなか楽しめました。子供たちも喜んでいたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

伏木若草町獅子舞

今日は朝から海老江の曳山を見て、獅子舞イベントをして、一杯飲んだ後すぐに妻と子供たちを連れて、伏木若草の獅子舞を見学しに行きました。
昨日はほとんど寝てないし、かなり濃密な一日であるcoldsweats01

さて、なぜ若草の獅子かといいますと、以前とあることで私が病院に入院した際にたまたま同じ病室に入院していた方が、伏木のけんか山の湊町で囃子方をしておられると言うことで親しくなりました。

また、獅子舞もやっているとのことで、それから互いのお祭りを見に行ったりするようになりました。

さらに一昨年の夏に「氷見祭り」のイベントによばれたときに、偶然若草町の獅子も参加しておられました。

さらに今年は若草に住む私の知り合いの家で結婚の花があるとのこと。こういったいろんな若草町との縁で獅子舞を見に行くことにしました。

若草町の獅子は以前にも見たことがあるのですが、夜の花を見るのは初めてです。イベントは見せてもらいましたが、やはり獅子の本領は夜の花でしょう。
Img_3827花の家では、そこの婿様が獅子舞をやっている人と言うことで、観客がすごく多かったですし、獅子方の皆さんも大変盛り上がっていました。

若草の獅子は氷見系の獅子舞で地元の射水系の獅子とは系統が違います。
Img_3829 よって私が見ていても、正直演目の名前などはさっぱり分かりません。

が、しかし、獅子舞や祭りを愛する気持ちというのはその祭りの形態は違っても共通のものです。

獅子方のみなさん非常に元気が良く、大盛り上がりで、本当に獅子を楽しんでいる様子が伝わってきました。

声が出ていましたし、随所に笑いあり、決めるところはかっこよく決まってましたし、非常にいい獅子舞でした。

やっぱり、私は獅子舞は元気がいいのが好きです。みんなで声を出して、賑やかに舞う獅子は見ていて非常に面白いです。
Img_3830 若草は、伝統的な踊りはもちろん、他の伏木や氷見の獅子にはない踊りに挑戦しておられます。ひょっとこの存在や、上の写真のような餅つき、はたまた松明と見応えのある演目をいろいろ取り入れておられます。

数々のイベントに参加してこられた実績が獅子舞を成長させているのだと感じます。

朝から撮影していたデジカメの充電が途中で切れて、最後まで撮影ができなかったのは残念ですsad

以前競演会では見ることのできなかった「樽取り」も最後に演じられて、これはクライマックスにふさわしい盛り上がりでした。

「樽取り」は新湊の獅子には見られない演目ですが、氷見系の獅子舞では花などでしか舞わない一番の見せ場であると聞いています。

さすがに朝から祭り三昧の子供たちが体力の限界を迎えましたので、ここ一軒で帰りました。次は最後に公民館でやる「獅子殺し」も見てみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「藤の宮」補修完了奉納獅子舞

今日はいよいよ地元の藤の宮補修完了の奉納獅子舞だ。
昨日までの雨も止んで、良い天気に恵まれました。

事前に町内に回覧が回っていたためか、私のブログでの宣伝効果が微妙にあったのか、思ったよりも大勢の人が見に来て下さった。
(/ ^^)/アリガトネ
やっぱりせっかくやるのだから、ギャラリーは多いほど燃えるというものだ。

まず、藤の宮に宮参りをするところから始まった。

宮参りはお祭りの際は朝一番に行うので、朝5:00という早さで行われる。
さすがに、これを見に来るのは近所の人か獅子舞関係者くらいです。

多くの町民は宮参りを行っていることすら知らないかもしれません。

宮の参道を埋める観客に少々違和感を感じた。こんなに大勢の人に見られて宮参りをしたのは初めてのことである。

宮参りを済ませた後は宮を出て宮の前で一通り演技を行った。
宮の前で踊るというのも初めての体験である。
Img_3807 演技の様子です。

多くの観客がいたのでみんな演技に力が入ったようです。
Img_3811 私も一生懸命笛を吹きました。囃子方がいつもより少なかったので大変でした。

Img_3817 本当はここで終わりだったのですが、観客も多かったし、せっかくですので公民館でも一通り踊ることにしました。

たまには祭り以外のイベントも楽しいものです。また誰かどこかでイベントでもあれば声かけてくれないですかね。
(条件、状況により必ず出られるとは限りませんが)

片付けの後、みんなで食事に行き一杯やりましたbeer獅子の話やら、他の話やらで大盛り上がりでした。本当に青年団はみんな仲がよいです。

五月までは、またこうやってみんな集まることはないので寂しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海老江(えびえ)曳山祭り

毎年今日9/23日は富山県射水市海老江地区の曳山祭りです。
海老江には三基の曳山があります。

昨日獅子舞の練習の後公民館で飲んでいてbeer、帰ったのが四時頃でした。倒れそうですshock。しかし、子供たちと曳山見に行く約束していたのでフラフラしながらも、出かけました。
9:30頃海老江に到着。海老江は家から車で10分ほどです。

Img_3787 「おいおい。獅子かよ」と突っ込まれそうですが、海老江は曳山のない町内では獅子舞が行われています。これは浜開(はまびらき)町の獅子舞です。着いたらやっていたのでcamera

Img_3790 海老江西町付近で曳山発見。狭い路地を曳いています。
海老江の山は何度も見に来たことありますが、こんなに朝早く来たのは初めて。

Img_3795 西町山倉前。お神楽を奏上してます。
全員低頭にて整列。鉢巻もちゃんと外してます。西町の責任者が対面して礼をとってます。
新湊でも山倉でお神楽をあげますが、ここまできちんとやってません。
(さすがに12台通るまで礼をするわけにはいかないですからね。)
なかなかいいものでした。
Img_3803 海老江の曳山は本当に年々補修され立派になっている気がします。
衣装なども揃えてかっこいいです。
本当に力入ってるなぁと感じます。Img_3804 子供たちも大勢が大人と同じ法被に身を包んでついて行ってます。こんなのは全部自前で揃えるのでしょうから、お金かかってます。
しかし、こうやって曳山を愛する気持ちが子どもの頃から養われていくのでしょうねhappy01
Img_3806_2今日は、先日から書いているように、昼から地元の獅子舞イベントがありますので、一時間ほど見て海老江を離れました。

さて、いよいよもうすぐ出番です。頑張ってきますsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

先生逝く

先日お囃子を一緒にやっていたお知り合いがお亡くなりになりました。

古くより新湊の曳山に携わり、齢70を過ぎた晩年まで笛を吹いておられました。

私が初めて出会ったのは今から6年ほど前のことでした。

笛もさることながら、笛作りの名人でもあり、数多くの笛を作られては後進のために配っておられました。また、笛や獅子舞の指導にも大変熱心な方で、お祭りをこよなく愛してこられた方でした。

私が出会ったのは最晩年で、もう少し早くに出会えていたならもっと多くのご指導を仰げたかもしれず、残念でなりません。

私も笛をご自宅まで伺い、何本かいただきました。笛を下さいという厚かましいお願いに際し、「いいものはあまりないよ」と謙遜されながらも、何十本もの笛をテーブルに並べて、「好きなの持ってけ」とにこやかにおっしゃっていた姿が思い起こされます。

これが手作りとはいえ、実に良い具合の笛があり、実際に私は祭りでもいただいた笛を使用しています。期せずして、いただいた笛が形見となりました。

これからも大事に使っていきたいと思います。今年の曳山でもいただいた笛を山に乗って吹かさせてもらいます。

地元の町内でも以前わずかの謝礼で笛を習いたい子供たちのために笛を10本ほどいただきました。笛10本もまともに買えば高価ですので、大変助かりました。

ついこの前の9/10の町内のお祭りでは、ご自宅前に座られて獅子舞をにこやかに眺めておられました。町内の獅子にとっては、設立の大恩人でございます。終わってからご挨拶すると、「ありがとうのぉ」おっしゃっておられました。それからわずか10日、あまりに突然の訃報に驚きました。

お通夜にてお別れをして来ましたが、通夜の会場には開式前に静かに本囃子が流されておりました。故人を送るにふさわしいと思いました。

本当に残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

台風も過ぎ

今朝起きたとき鈴虫の大きな鳴き声がした。
どこで鳴いているのかと思ったら、玄関にいつの間にか入り込んで鳴いていた。
まぁ、特に害になるわけでもなかったので放っておいた。頑張って鳴いてました。

いつも間にかすっかり秋めいてきた。蝉の鳴き声が鈴虫に取って代わり、朝晩は涼しさを通り越して肌寒くなってきた。考えてみれば明後日はもう秋分の日である。

心配していた台風15号も富山ではたいした被害もなく、ちょっと風が強いかな程度で過ぎていった。娘の小学校は午前中で下校になったらしい。
今年は日本全国で様々な災害続きなのだが、富山は本当に幸いあまり影響がない。そういった意味でも富山っていいところなんだろうか?

私の岩手に住む知り合いは、いつもお祭りネタなんかをほのぼの書いている私のブログを見て、「富山は(平和で)いいなぁ~」と言ってた。そうですよね。幸せなんですよね。
盛岡の小学校でさえ何校か除染した学校があるそうだthink

今日も台風とはいえ、夜になると風も弱まってたいしたことなかったので獅子舞の練習に行ってきた。今日もみんなちゃんと集まっていた。毎日その気になれば獅子舞やれるほどの人間が集まってます。
Dsc00072相変わらず画像が悪くてすみません。coldsweats01携帯は暗さに弱くて・・・。

今日も本番を想定した実践練習。写真は「獅子殺し」の練習をしているところです。ちゃんと胴幕にも人を入れてやってます。

普段の祭の練習は10:00までですが、今回は連日9:00まで練習して、あとは談笑しながら準備をしてます。今日は誰がどの種目を踊るかを話し合いました。

いい獅子は見せたいし、できれば若い者にも機会を与えたいし。悩ましいところです。上手い者だけがやればいいというものでもないですね。

準備の後は今日はメンバーの中から希望者5人でラーメン食べに行きました。noodle

こうして夜ラーメン食べに行ったりすると「祭り」って感じです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

練習二日目

今日は一日中雨rain
台風15号がやってきているtyphoon。明日には富山付近を通過しそう。
幸い23日は台風一過晴れそうである。

うちらの獅子はもちろんだが、同じ射水市の海老江の曳山が23日なので、23日は是非晴れてもらいたい。

今日は入善まで仕事で行っていたため帰りが遅くなり、会社を出たのは八時を過ぎていた。
雨も降っているし、練習やめとくかとも思ったが、せっかく若い衆もやる気になってるし、顔ぐらい出すかと思い、会社帰りに練習に直行。

うちの公民館は三階建てで、一階がピロティーとなっており、雨でも練習が可能です。

着いたら、高校生および若い衆はほぼ全員来ていた。雨だというのに真面目な事だ。やはりこうやって人が多く集まっていると、練習を休みづらくなるものだ。

私は日頃から練習にずる休みはしないし、獅子方の中でも年配の方であるが、未だに練習をやむなく休む場合は団長に休む旨報告してから休むことを心がけている。
これは昔、私が若かりし頃団長時代、練習に人が集まらず苦労した思いがあるからです。
若い衆の模範となる年齢になったからこそ、言動、行動に気をつけるようにしている(つもりであるbleah)。

やっぱり練習にたくさん集まると面白いですからね。それならそんな空気作っていかないと。

今は私より一回り若い世代が中心となって獅子舞をやっているが、私の目から見てもみんな協力しあってしっかりやっていると思う。(私の時よりよっぽど)

身内自慢で申し訳ないが、「協力してやらねぇとなぁ」と思える若い衆である。(おせっかいにならない程度に)

口ばっかり達者で、ろくに働きもせず、若い衆顎で使ってふんぞり返るような年配者になって、「あんなやつ来なきゃいいのに」などと陰口叩かれないように、やるからには自分の役割をしっかりしなきゃと思う今日この頃である。(うちには幸いそんな年配者はいませんよ)

私が団長の時小学生だった今の団長が立派にみんなをまとめようとしている姿に、いろいろ思いを巡らせた夜でしたconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

獅子舞練習

先日曳山の練習が始まったと書いておきながら、今日から地元の獅子舞の練習も始まりました。
今週一週間は獅子舞の練習です。

獅子舞は正式な祭ではなく、町内の神社が修復を終えた落成イベントです。9/23に2:30(予定)から獅子舞開始です。

獅子舞はお祭りのみでなく、たまにはイベントに出ることもあります。
獅子方の結婚式で披露するのもありますし、最近ではあまりないですが、以前は初売りイベントでショッピングセンターで獅子をしたりもありました。初売りに出かけてどこかの獅子を見たことがある人は多いかもしれません。

最近では第二回射水市獅子舞競演会に出させてもらったり、氷見祭にも出ました。

獅子舞のイベントって結構ありまして、声をかけていただくこともちらほらあります。しかし、なかなか人を集めて出るのは大変です。お金もかかりますし、実際イベントに参加する謝礼では赤字になったりもします。

今回は町内のイベントなので、当然出ます。

Dsc00070練習には若い衆はほぼ全員来てました。ベテラン勢もほぼ顔を出してました。練習サボらずにちゃんと来られる人は集まるのうちの町内のいいところだと思います。いきなり胴幕出して本番を想定した練習ができました。でも四日しかないのであまり時間がありません。

しかしイベントのつらいところは人が集まりにくいところです。獅子舞やってるところならばどこでも同じ悩みがあると思いますが、イベントはベストメンバーと言うわけにはいきません。

囃子方は東京在住の主力メンバー二人が来ませんし、天狗は一人いません。胴幕はどうにか揃いそうですが、笛は私ともう一人の二人で吹くことになりそうです。見に来られた方は、そこら辺を考慮して暖かい目で見てやって下さい。

酒も入ってませんし、いきなりトップギアに入れなければいけない一発勝負のイベントって本当に難しいですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

新湊「あなたへ」ロケ

高倉健主演、降旗康男監督、映画「あなたへ」新湊ロケに行ってきましたのでレポします。

Dsc00069_2
10:30頃現場に到着。

かぐら橋に「紺屋町」「中町」の曳山が。

山王橋からかぐら橋上を撮影。

かぐら橋は普段曳山が通らないのでこの風景はありそうでない風景。

中町と紺屋町が並ぶこともめったにないのでこれもあまり見ることのできない風景です。

川の駅の裏手には見学者がちらほらと集まってました。川の駅は今日は臨時休業。

Dsc00067
川の駅には曳山二台が常設展示されていますので、いつでも間近で曳山が見られますよ。曳山のDVDやCDも売ってます。特に1000円の古新町の曳山囃子が収録されているCDは超お買い得。私もいつも車で聴いています。
Dsc00060
かぐら橋の隣の橋を江柱の子ども御輿が通過する所を撮影しています。
高倉健が御輿を見学するシーンだそうだ。もちろん江柱の御輿が普段こんな所を通る事はありません。

何回も何回も撮影してました。ご苦労様です。

健さんは白いスーツ姿でした。50m先程まで近づいて見られました。やっぱりオーラあった気がします。
思ったより見学者少なかったです。写真はないです。知り合いが携帯構えたらめっちゃ怒られたらしく自重しました。

Dsc00063
内川の漁船には大漁旗が。お祭りを再現。
Dsc00058 御輿の撮影が終了して、これから曳山の撮影するのかと思いきや、「撮影終了でーす」「お疲れ様でしたぁー」の声がcoldsweats02
な、な、な、な、なんと曳山二台は御輿の単なる背景だったのです。CGでもよかったんじゃ・・・。

朝八時に集まったみなさん、法被に身を包んで本番さながらでしたし、「東町」「荒屋」「立町」などの人も法被着て何人か集まってましたが、映るどころか御輿の100m先の橋の上に小さく映る背景の一部です・・・。

いやぁ、映画って本当に凄いですわ。このシーン果たして何秒映るんでしょうか?
ちゃんと山には囃子方も乗って演奏もしてました。まったく映画自身には意味なかったですが・・・crying

昨日食べたカニがちょっとだけで悔しかったので帰りに新湊漁港のカニの直売所でカニを購入。おまけもあって安いです。
Dsc00054
今日は姪っ子達と会うので家族親戚でカニパーティーにします。

Dsc00053_3
今日は各地でお祭りの準備中でした。長徳寺の曳山も出てました。

長徳寺は海王丸の総帆展帆の日には山倉を解放し曳山を展示してます(らしいです)。

海王丸見に来られたらついでに見ていくのも良いのでは。

Dsc00052_2
こちらは古新町です。

標識は射水市博物館に現在展示中でついてません。

Dsc00051_2
こちらは南立町の山倉です。

こうして山倉が開かれると、いよいよ祭の空気が漂ってきますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

むぎや祭レポート

本日9/17と明日9/18は富山県南砺市城端の「むぎや祭」である。「むぎや祭」については超有名なお祭りですので、ここでの説明は省きます。今日は「むぎや祭」に行ってきました。

今日は子供たちが、嫁さんの親の家に遊びに行ったので、久しぶりに子どもがいない日でした。嫁さんと二人で「むぎや祭」に行くことにしました。むぎやはおそらく子どもが見ても面白くないので、いいチャンスです。

祭に行って、「ベビーカステラ買え」だの「たこやき食べたい」だの言われないなんてなんて快適happy02

しかし今日は天候が不安でした。出発するまでは降ってなかったのですが城端に着いたらちょうど降ってきました。
Img_3764 町には「じゃんとこいむぎや」に参加する派手な衣装を着た老若男女が多数おりました。「じゃんとこいむぎや」の説明は割愛します。
Img_3765 城端別院善徳寺のの境内特設ステージの競演会を見学。この頃から雨が激しく。

しかしおかげで人はまばら、前列で見ることができる。雨ならではですね。野外ステージと言うことで音響が悪く、でかいボリュームのスピーカーから聞こえるむぎやは、少々興ざめ。これじゃぁCD流してるのとかわらないじゃん
三味線胡弓に笛、唄もよい。会場も大きくないのだから生音でいいのでは?民謡歌ってる人の声量から言って、音をせめてもう少し絞って欲しい。

しかし、八尾のおわらみたいに馬鹿みたいに人がいるわけでもなく、割としっかり祭自体を堪能できるのでよかった。着物の女性は本当に美しく見えますね。女踊りにばかり目が行って、男踊りに集中できないcoldsweats01Img_3773 おみやげ屋の「ささら」。なんでか「ささら」って家にありません?家の実家にも嫁の実家にもあります。なんでやろ?使ってるところ見たこと無いのに・・・。昔「ささら」ブームでもあったのかな?Img_3774 雨も本降りに。「よっしゃこい」の演技もずぶ濡れになりながら。ご苦労さまです。

ここで「じょうはな座」の屋内会場でむぎや競演会を見ることに。これで濡れなくてすみます。普段だとなかなか入れないのかもしれませんが、雨のおかげか楽に入れたばかりか、前の真ん中で見られました。Img_3777 こきりこもやってました。新湊の曳山ではこきりこ演奏します。私も笛でこきりこ吹いてます。しかし、実はこきりこ生で見たのは初めてかも・・・。Img_3782 踊っている女性はみなさん美しかったです。所作がいいですね。写真では伝わりませんが、生で民謡聴くといいもんですねぇ。感激しました(マイクは使ってます)。

ほんと最近おじいちゃんおばあちゃんに混ざって伝統芸能見てますconfident

帰りに嫁さんと二人で食事して帰ってきました。いやぁ、嫁さんと二人で食事するなんて考えてみたら凄く久しぶりですわ。子どもいないっつーのもたまにはいいもんですね。(ちょっと高いもの食べられるbleah

| | コメント (2) | トラックバック (0)

きっときと市場

オープン記念の獅子絵田の獅子舞を見に行って以来久しぶりに「きっときと市場 」に行ってきました。ちょうどご飯時だったんで、弁当など市場で買って、テラスで子供たちと食べました。
Dsc00046 先日解禁になった紅ズワイガニを買って食べました。さすがにちょっとスカスカだが、400円のカニに文句言っちゃいけないよ。ていうか、おいしかったです。子どもが食べまくって、足一本しかもらえなかったけどcrying
Dsc00049バッテラの弁当。バッテラ久しぶりに食べた。おいしかったです。
Dsc00047 ワタリガニの味噌汁。大好きです。昔はよく家で食べたんだけど、最近はあまり食べなくなりました。でも、お寿司屋さんに行ったら、最後の締めに大概頼みます。

Dsc00044 カニさんたちです。こっちは高級なカニです2500円くらい~

Dsc00050 すじこ買ってきました。うまそうだったのでつい。こいつが一欠片あれば、ご飯一膳サクッと食べられます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

保育園運動会

今日は保育園の運動会。あいにくの雨で、向かいの小学校の体育館で行われることと相成った。
Uvs110917002 自分が保育園の頃から高校時代と、自分の子供たちのこれまでに運動会が雨だったのは初めての経験です。運動会って晴れるものだと、そんなふうに考えていた時期が俺にもありました・・・。

体育館での運動会は初体験でした。

Uvs110917001 私も親子綱引きに参加してきました。(勝ちましたよscissors

下の子が年長組で今回が保育園最後の運動会になります。上の子の頃から7,8年保育園の運動会に参加してきましたが、最後と言うことで、できれば天気が良ければよかったんですが。

明日は高倉健の映画のロケ。紺屋町の囃子方の知り合いも運動会に来ていて、「晴れればいいですね」と話していたんですが、どうなりますやら。

囃子方は8:30集合らしいです。お疲れさまです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

曳山囃子追加

本日また2曲曳山囃子を追加しました。

これまでアップした囃子の中に長徳寺の囃子がアップされていないので、一昨年曳山囃子大競演会に出たときの音源で本囃子の中から「仮名和(かなわ)」という曲を上げました。
Uvs110916004

「仮名和」は本囃子の中でも数曲選んで演奏すると言ったときにまず選曲されないと思う曲なのである意味レアですかね。

もう一つは同じ競演会に参加してました「新町」の「戻り囃子」。
Uvs110916005
「戻り囃子」はこれまでアップしてきた音源で初めての「雑曲(ざっきょく)」です。
おそらく新湊の曳山囃子でもっとも人気のある曲かもしれません。

曳山が最後各町内に戻るときに演奏されます。もしくは、後ろ向きに進む場合に演奏されたりもします。しかし、最近はルートがいろいろ変更になって、後ろ向きに進む場所がほとんどなくなりました。戻り囃子を吹く場所が減ったのは残念ですね。

勝手にコロコロ毎年ルートや時間変えないで欲しいですわpout

そういった事も含めて伝統だと思うんですけどねぇ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

1000hit

なにげに見たらカウンターが1000を越えてましたcoldsweats02

ブログを始めてから1ヶ月足らず。

少しずつ訪れてくれる人も増えてきました。正直驚いてます。

昨日は50人以上見に来てくれました。ネタがネタだけに、1ヶ月でそのくらいかと思ってましたのに・・・。

お祭りシーズンだからみんな「新湊」とか「曳山」で検索して辿り着いて来るのかな?

「高倉健」と「法土寺」で検索している人が多いようです。

法土寺どうなりますやら・・・think

来られた方は、是非「お祭りBGM」聴いて行って下さい。ちょっとずつ増やしていきます。

今日はお囃子の練習に行ったあと、先日の獅子舞のビデオを編集しました。知り合いの子が出ているので頼まれました。早く見せてあげないと。

キリのいいところまでと思ううちに夜更かししてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

富山デジタル映像ライブラリー

富山デジタルライブラリー というのをご存じだろうか?
富山デジタルライブラリーは生涯学習・教育・文化などの分野のふるさと富山に関する映像ライブラリーで、平成22年 10月末時点で 1,503件の映像が登録されています。

いろいろな富山の映像が納められているのだが、そこに新湊の曳山の昔の映像も納められているのでちょっと紹介したい。

まずは「新湊曳山祭 」と題された昭和31年に撮影されたお祭りの映像です。
ちなみに昭和31年とは1956年で今から55年前である。1956年は日ソ共同宣言が締結され、日本が国際連合に加盟し国際社会に復帰した年です。
射水市出身の『美味しんぼ』の作画をしている「花咲アキラ」が生まれた歳でもあります。

映像は白黒でよく分からないBGMが流れていますが、曳き子の声なんかも入ってます。かけ声なんか55年前と変わりませんね。昔から「イヤイヤイヤサァ」って言ってたんですねsmile

音声はあとで編集して近世の祭のものを挿入して編集してあるそうです。ご指摘ありがとうございます。

山の姿も今とほぼ変わりません。湊橋は今よりもちょっと低いですね。欄干が木製っぽいです。

曳山だけでなく町の様子も撮られています。八幡宮前の縁日の様子もあります。まだ着物の女性が多いです。男性はスーツ、子どもは学生服に制帽姿です。私の親父なんかもまだ10歳くらいの頃です。どこかその辺歩いている所映ってたりして。

もう一つは「新湊の曳山祭り 」と題された昭和39年の映像です。
昭和39年は1964年で今から47年前です。まさに10/1に東海道新幹線が開業しています。
10/24が東京オリンピックの開会式であるので、オリンピックを直前に控えたお祭りです。
ちなみにドラえもんの「のび太」が生まれたとされる年でもあります。

映像はカラーになってます。まだカラーテレビなんかがそんなに普及していない頃ですので、大変貴重な映像なのではないでしょうか?音声もはっきり撮れてます。囃子の音もきれいに聞こえてます。やはり先人達もお囃子上手です。
音だけ聞いていたら、今の祭と変わりませんね。「ジャカスカ・ワッショイ」とか言ってます。

これも音声は合成だそうです。記事訂正いたします。それならそうと注記しておくべきですね。

曲がるときに、綱引きのように長手を揺さぶりながら曲がってます。これは今とはちょっと違うところですね。

富山デジタルライブラリーの中には他にも曳山の映像がいくつかあります。他の市町村の様々なお祭りの映像もあります。暇をみてはのぞいてみて下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

曳山練習開始

獅子舞も終わり、昨日から曳山のお囃子の練習。
半月前から笛を吹いてきたので、アイドリングはバッチリである。

獅子と曳山では使う笛が違います。獅子は基本七本調子を使い、曳山は五本調子の笛を使います。(町内ごとに違うかもしれません)
調子はわかりやすく言うと、音階のことで、数が大きくなるほど音は高くなり、笛の長さが短くなっていきます。つまり、獅子よりは曳山のほうが、音が低く、長い笛を使っているのです。

さらに、長い笛のほうが音を出すのに息を多く使います。よって、曳山の笛の方が吹くのが大変です。

笛は基本的には町内所有のものを使います。専用のものが欲しければ自分で購入するのもいいでしょう。私は自前の笛二本を使ってます。やっぱり同じように見えて微妙に個体差があって、自分の笛が一番しっくりとくる気がします。

今年S君が自前の笛を買ってきました。新月乃笛 です。頭に「蝶」のマークが書かれてます。特注だそうです。

Dsc00041 新しい笛いいですねぇ。ちょっと吹かせてもらったけど、さすがにいい音しました。
新月の笛欲しい・・・。(そんなにびっくりするほど高くはないんだけどね)

私は獅子舞の笛は新月使ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

第4回富山県曳山囃子大競演会

昨日は射水市の高周波文化ホール にて第四回曳山囃子大競演会がありました。
今年は新湊からは「南立町」「奈呉(なご)町」海老江から「海老江西町」大門より「田町」八尾から「八尾東町」城端より「城端庵唄保存会」が参加しておりました。

勝手に感想を述べていきたいと思います。

まずは「南立町」
新湊の曳山囃子は、どこもそうなのでしょうが、町内によって似ているところもあれば、全く違うところもあり、「新湊曳山囃子」とひっくるめて言うよりも、「○○町曳山囃子」と言わなければならないと思います。曳山囃子は一部のものをのぞいては基本的には楽譜というものがありません。
よって元々は同じものでも時代を経るに従って変化していきます。同じ町内のなかでも誰が吹くかによって微妙な違いがある程です。今みたいに録音技術がない時であれば完全に伝承によってのみ伝えられますので、わかりやすく言えば「伝言ゲーム」みたいな感じですね。

「南立町」のお囃子は、私が地元でよく聞く感じとは随分違いがありますね。特に曲の出足や、終わり方が違います。これは私なりの考えなのですが、太鼓の叩き方が太鼓を叩く人によってかなり違うからであると思います。曲に比べて太鼓はかなり自由ですのでやる人の個性がかなり出ます。太鼓の叩き方によって曲の印象がかなり変わってきます。

「南立町」は本囃子を3曲演奏してくれました。しかし、「本囃子」って言うだけで、曲名を言ってくれませんでしたので、曲名は不明です。一曲目は「神楽」でしょうか?「一つどんどん」とも言われるものですね。二曲目はなんの曲なのかさっぱり分かりませんでした。三回どんどんが入るので勝手に「三つどんどん」と名付けて「お祭りBGM」のコーナーにアップしておきました。詳しい人はコメントして教えていただけると助かります。
Photo (ビデオからのキャプなんで写真の画像が粗いです)
「南立町」にはかわいい女の子の笛がいました。最近は曳山にも女性が乗ることは珍しくなくなりました。

次は八尾の「八尾東町」です。八尾と言えばおわら節ですが、実は曳山も盛んです。私も5/3にはここ二年ほど続けて見に行かせてもらってます。八尾の山は彫刻や特に彫金が素晴らしいです。是非近くによって細かい細工を見ることをすすめます。

まず目を引いたのが三味線。10人くらいの三味線の団体がさすが八尾の山って感じです。伝統芸能を継承する人の数が違いますね。一つの町内にこんだけいるってことは一体八尾には何人三味線弾く人がいるんでしょ。もう文化そのものが違うんでしょうね。芸事に対する姿勢が感じられます。八尾の町中の町内なんておそらく小さな町内で軒数も少ないはずです。私が想像するに、一家に一人は三味線か笛か胡弓弾けるってレベルの人数ですよおそらく。こんな町はやっぱりないですわ。改めて感じました八尾恐るべし。

囃子方は全員紋付き袴。笛は太く、工芸品のような美しさ。やっぱり私は笛に目が行きます。
Photo_2粋ですな。どこにいったらやってもらえるんでしょ?だれか教えて下さい。

ここのお囃子の特徴は「唄」です。お囃子と「唄」が融合してます。新湊の囃子では人の声が入ることはありません。声が楽器として囃子に参加してます。この声がまた素晴らしい。

今回はお囃子の中で「おきんさ」という曲をアップしてみました。「その他」のリストに入ってます。
八尾の人がもっとも愛する曲だそうです。本当かどうかさだかではありませんが、八尾の人は「おわら」よりも「おきんさ」が好きだそうな。八尾の曳山は「おきんさ」で始まり「おきんさ」で終わるとか。

城端からは庵唄保存会が庵唄を披露してくれました。城端も5/5にここ二年ほど連続で見に行ってます。ここも彫刻をはじめ、彫金、螺鈿、沈金、漆などまさに伝統工芸の粋を集めた山です。私の友達は静かに山を曳き、庵唄をおごそかに奏でる祭を「つまらない」と評しておりましたが、新湊人は「いやさー、いやさー」と威勢良くやらないと祭と思わないらしいですcoldsweats01

そもそも城端の山は、面白いかどうかという基準だけで見る祭ではありませんよ。
私自身は庵唄の調べはよかったですね。独特の趣があります。祭を見に行ったときには、子供たちは「つまらないから帰ろう」と駄々こねてましたが、しばらく庵屋台の前でお囃子に聴き入っておりました。
ここも八尾同様芸事に関しては町の人が大切にしている感じがしますね。庵唄保存会として、継承保護をしておられるのでしょう。

それで、いよいよトリをつとめたのは「奈呉町」です。

Photo_3 「奈呉町」には私の知り合いも出てまして、以前よりたいへん楽しみにしてました。私以前から「奈呉町」の囃子は非常に好きなのです。

オープニングは「お神楽」から「ちんちこ」でした。「お神楽」の最後全員で吹く賑やかな部分が「ちんちこ」です。この二つの曲はセットです。「お神楽」は「ちんちこ」で終わる決まりです。

今回の「お神楽」の音源はブログにもアップしておきましたので是非聴いてみて下さい。

上級者の笛は「笛が唄っている」とでもいいますか、心臓をギュッと捕まれる感じです。

「奈呉町」のお囃子の中でもう一曲本囃子の「佐賀の春」をアップしました。この曲は「二つどんどん」と言ったほうが分かる人が多いと思います。

「奈呉町」の本囃子はおそらく13本の中では一番ではないかというくらいゆっくり吹きます。奈呉の若い衆はたいへん威勢が良く、元気に賑やかに山を曳いておりますが、実はお囃子は本当にその威勢とは対照に優美かつおごそかです。

実は笛はゆっくり吹くのは早く吹くのよりかなり難しいです。ゆっくり吹くと言うことはそれだけ息を長くもたせないといけないので、修練が必要です。

と、言う感じで競演会を見た思いを書いてみました。ちょっと長くなりました。

競演会自体の感想としては、事前に整理券が配られたものの、はっきりいってガラガラですわsad

見に来ているのもほとんどがお年寄り。やはりなんだかんだ言っても、みなさんお囃子なんかにはあまり関心がないようです。私は自分がやってますので、興味がありますが、延々三時間もお囃子のみを聴き続けると言うのは、よほど好きでないと難しいかもしれませんね。

来年はどこの町内、どこの団体がどんなお囃子を聴かせてくれるのでしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

獅子舞本番

9/10は町内の獅子舞でした。
天候にも恵まれ無事に終えることができました。
Img_3699_2朝の6時からの宮参りより祭がスタートしました。
私も朝から囃子方としてお祭りに参加しました。

今年は小中高生の囃子方が友達が友達を呼ぶような形で大増殖coldsweats01
かなりの大所帯となりました。肝心の大人を抜かした男の子は2人しかいませんが・・・。
それでも昨今の囃子方不足の団体からすると夢のような話かもしれませんね。
しかしながら、肝心の踊り手の方は少々人手不足で、人数的なバランスが悪いかもです。

新湊では笛は吹けば音の出る縦笛を使っておりません。(所によってはダラ笛と言うらしいですが)そもそも「笛」と言ったら横笛で、多くの人は吹けば音の出る笛があることすら知らないです。
横笛はなかなかに上達するまでに修練が必要です。しかしながら縦笛には得難い良さがあると思います。まだまだ始めたばかりでみんな音も出ませんが、頑張って練習して上達してしてもらいたいです。
笛は吹けば吹くだけ上達します。

Img_3712_4今年は新築1件と新婚3件の花がありました。最後に公民館の前で踊って終わったのは11時過ぎだったでしょうか。

たくさんの観客に見に来ていただけました。

私も笛に太鼓に頑張りました。いいお囃子を聴かせることができたと思います。

今日は朝から公民館で片付けがありました。町内が広いのでかなりの距離を歩かねばならず、歩き疲れましたsad

これで地元のお祭りは終わりましたが、次は新湊の曳山です、明日からは曳山囃子の練習です。今月は本当に祭漬けの1ヶ月です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

お祭り前夜

いよいよ明日はお祭りである。
5時に公民館集合とのこと。
しかし、もう日付が変わろうとしている。
今日は練習はなしで、公民館でみんなで食べて飲んで。Dsc00040
飾り付けもできて、もう祭を迎えるのみです。
ちょっとほろ酔い気分でブログの更新中。
朝早いのでもう寝ます。
明日はよいお祭りになりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

曳山囃子

以前にも予告していたのだが、曳山の方のBGMを聞けるようにしてみた。

新湊の曳山は、一般的にはyoutubeなどにある動画などを見ても、角を勇壮に曲がる場面ばかりに目が行きがちである。いつもジャンガジャンガ賑やかしいお囃子を奏でているイメージだろうと思う。

しかし実際は非常に雅で格調高い素晴らしい曲を多く持っているのである。
まぁ、聞きなじみのない人ならば全部同じに聞こえたりもするのだろう。町内によって違いはあるが、各町内おおよそ10数曲の「本囃子(ほんばやし)」と呼ばれる曲を持っている。それに対し通常よく耳にする賑やかな曲を「雑曲(ざっきょく)」と区別する。

私自身は、この本囃子の存在こそが新湊の曳山が全国に誇れるものであると思っている。彫刻の美しい山は他にもあります。威勢の良い祭もあります。しかしこのような囃子を持つ祭は他に類がないように思うのです。

本囃子は基本ゆったりとした曲なのだが、笛を吹く者にとっては非常に技巧を要する難しい曲である。このような本囃子を吹く者が多い新湊には非常に多くの笛の名人が育っていると思うのです。であるからして、獅子舞の笛も非常に巧みな奏者が多いです。よその獅子に比べて圧倒的に新湊地区の囃子が曲の種類も多く、指使いも難しい曲が多いと感じます。

およそ皆さんが港町新湊に抱くイメージとはかけ離れたこのようなお囃子文化がいかにして生まれたのかについては非常に興味があるところです。

今回は私が持つ音源の中からいくつかあげてみました。

各曲についてあくまでも私の主観で簡単に説明します。

まずは古新町の本囃子の中から「唐加茂辞(からかもじ)」
この曲は高音部と低音部が朗々と繰り返され、比較的静かな前半から中盤に高音部で盛り上がったあと再び落ち着いたかと思いきや後半部に一気に高音部にてクライマックスを迎えます。終盤の絶頂部に至るまでの構成が非常に素晴らしいと思います。

次も古新町の「江戸越後獅子」
この曲は少し変わり種な曲で、前半の半音使いが特徴的です。中盤から一気に上がっては下がり、そこからさらに一気に上がって、朗々と奏でたあとまた低いところに一気に落ちていきます。曲の抑揚のめまぐるしい変化が印象的です。その落差を見事に表現した名演はさすがです。

次は荒屋の「嘉和羅恵比寿(かわらえびす)」
「嘉和楽恵比寿」と書かないあたりが荒屋独特なのでしょうか。古新町、長徳寺、奈古、三日曽根、新町、紺屋町は割と似たような囃子を奏でるのですが、荒屋は少し独自の囃子スタイルです。荒屋は小太鼓の使い方が他の町内に比べて独創的に思います。私が知っている「嘉和楽恵比寿」のイメージとはずいぶん違っています。曲のテンポを曲中に変えるのは私の感覚で言うと驚きです。

次も荒屋の「羽衣」
これは荒屋のオリジナルの本囃子だそうです。他のどの町内にもない曲らしいです。全体的に高い音程が特徴のような気がします。また、テンポも速めに感じます。ちょっと雑曲っぽい雰囲気の箇所もある気がします。いずれにしろ不思議な感じの曲です。

今回は四曲のアップを行いました。そのうちまた別の音源も上げていきたいと思います。

お祭りでは賑やかでノリのいい曲ばかりでなく、本囃子にも耳を傾けてみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

氷見仕切町獅子舞

9月は方々で様々な獅子舞が行われていますが。
どこか近くで見たことのない獅子でも見てくるかと思い立ち、
ネットで調べると、氷見の駅の側で今日は獅子をやっているとのこと。
いやぁ、便利な世の中になったものです。

早速氷見の駅近辺に行くも、どうも祭やってそうな空気がない。
家々に幕も吊ってないし、神社にも幟の一つも立ってない。
こいつはガセネタ掴まされたのか?
と諦めかけたそのときに、路地に獅子の姿を見つけまして、車を止めて見に行きました。
Dsc00030
仕切町と言うところの獅子らしいです。
これまで氷見の獅子は稲積とか論田、熊無等何回か見に行ったことがあります。
Dsc00027  
ピカピカの赤い頭です。
烏帽子も新しく天狗の衣装も鮮やかでした。

すぐ近くで川原町という獅子が出ているらしかったんですが、残念ながら発見することができませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

射水市新湊博物館企画展「来て・見て・曳山」

先日射水市のケーブルテレビで、射水のアイドル棚辺かおりアナが
射水市新湊博物館で射水の曳き山の企画展「来て・見て・曳山」が開催中と紹介しておられましたので、子供たちを連れて、ちょっとのぞいてみました。
Dsc00032
まず目を引くのが古新町の標識。まぁ、普段間近で見ることはないですね。
あと立町の鏡板などが展示してあります。
Dsc00031
今回は射水の曳き山の実測図がすべて集められて展示されているのが一番の見所だそうだ。
私は日頃少々図面というものに関わる仕事をしているのでおもしろく見させてもらった。
凄く緻密に書き込まれています。絵としてみても十分に美しい。
彫刻の部分も細かく丁寧に書き込まれていて素晴らしいです。

この企画展は前期と後期に分かれていて、今回は前期の展示だ。
再来週からは後期の展示が始まるらしい。

しかし、土曜日の昼間と言うのに、この展示を見ていたのは私たち家族の他にはたった一人。道の駅は結構な人で賑わっていることを考えると、その観光客を博物館に呼ぶということはまったくできていないと言っても差し支えないと思う。

これは博物館側にやる気がないのか、宣伝費がないのか、魅力がないのか、はたまた他のことが原因なのか私にはわかりませんが。なんとかしないと駄目でしょ。おそらく大赤字もいいところなのではないかと思う。
私は博物館の展示物自体は射水市にとって意義のあるものであると思う。

こども未来館は入場無料、大島絵本館は未就学児を連れた親は無料(そうでない大人は500円だが、来るのはほぼそんな親なので実質は無料)であるのに対して、博物館は子どもは無料としても大人300円では人来ないでしょ。
おそらく今日なんか10人程しか来てないんじゃ・・・。
それなら100円で50人に来てもらったほうがいいのでは。
どっちみち大赤字なら、開き直ってただにするのもいいのでは?
絵本館やこども未来館は無料でも、とても意欲のある企画をたくさんして市民を楽しませてくれていると思います。(子ども未来館は射水市のものではないですが)

白エビバーガーやかき揚げ丼凄い人気ですよ。博物館の目と鼻の先には凄い集客力のある施設があるんです。その人たちの足をなぜ向けられないのか・・・。申し訳ないですが怠慢でしょ。

博物館が利用されないのはちょっともったいないと感じた今日でした。

曳き山の展示を見た後は、道の駅に寄っていきました。道の駅の中の射水市観光協会の事務所にて9/11の曳山囃子大共演会の整理券をもらってきました。それと今年の新湊の曳山祭のポスターをもらいました。
Dsc00036
お一人様一枚ですが、ただで配ってます。なくなったら終わりなんでしょうね。
ちょっと今年のポスターは私的には一昔前のセンスであるような気がします。
もらっておいてもうしわけないですが。

あと、曳き山カレンダーなんかも売ってますのでご参考に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピアノ到着!

先日も書いたのだが、今日我が家にピアノが到着した。
Dsc00035
200kgあるピアノを肩に担いで二人で運びますcoldsweats02
単純に一人100kgでっせ。
ピアノ運搬の専門業者だそうだ。私には無理だわ。
写真ではよくわかりませんが、二人ともレスラーみたいなガタイでした。
そりゃそーですな。

その後調律師の方が調律をしてくれます。
Dsc00033
若い女性の方でした。
二時間ほど丁寧に黙々と調律しておられました。

思っていたよりも部屋でピアノを弾いても、外にはあまり聞こえないものですね。

狭い部屋がまた一段と狭くなりましたわ(´Д⊂グスン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画撮影

今日、知り合いの方から聞いたのだが、9/18日に新湊の神楽橋で
高倉健の主演映画のロケがあって、紺屋町の曳き山が出るそうな。
300人のエキストラを集めて、祭の雰囲気を出すらしい。
どんな映画なんでしょうか?中町と二台出るとの噂もあり、真偽の程はよく分からないのだが、都合がつけば見に行きたい。実際紺屋町と中町ってまず並ばないんだけどね。

紺屋町のしっとりとした渋い囃子と中町の賑やかしいお囃子の共演も私的には注目です。
(注目ポイントがマニアックかな?)

今月は9/10は獅子で、翌日9/11は曳き山囃子「」共演会(「大」は言い過ぎだろ?)全国から呼んだら「大」つけてもいいかな。実際曳き山囃子の全国大会は昔ありました(滋賀県甲賀市にて)。新湊の曳き山囃子も参加したことあるんですよ。

見に行くかどうか分からないけど海老江の曳き山も9/23ですし、9月は高岡、小矢部、氷見、伏木などでも獅子祭のオンパレード。見に行けたらどこか見に行こうかな。

そんでもって10/1の曳き山。なんだか今月は忙しい事になりそう。(保育園の運動会もあるんだなこれが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »