2018年6月20日 (水)

残念、見られなかった

現在開催中のワールドカップサッカー。日本はあまり強くなかったり、直前のゴタゴタなどでほとんどの人はどうせ勝てないだろと言うことで今ひとつ盛り上がりに欠けている。

昨日は日本にとっての予選の初戦コロンビア戦が行われました。結果の方は日本の勝利に終わって。正直ビックリ。

前回もコロンビアとやりましたが、メディアの方は勝手にコロンビアなら何とかなるんじゃない?的な報道がなされていましたが、結果は惨敗。

いくらコロンビアがここのところW杯で結果を出していないからといっていくら何でも相手に失礼だろ。と当時思っていたのですけど、さすがに今回はコロンビアだったら何とかなるだろ的な報道はあまりありませんでした。

実際勝ったらビックリなくらい実力は違うと思います。

実は昨日本当はサッカー見たかったのですが、仕事の取引先が集まる宴会があり、見られなかった。

温泉で宴会の後、日本戦が始まる時間になったのですが、そこから二次会。さすがにみんなサッカーの試合を気にしていましたが、だからといって解散になるわけでもなく、トイレに行くふりをしてチラチラと経過を気にしていました。

日本が先制したと言われてビックリ。しかも一人退場になって断然有利。ハメスロドリゲスは出ていないし。でもファルカオがいるし、このままではすまないだろうなと思いながらも、チビチビ水割りを飲んでおりました。

まさに心ここにあらず。

その後取引先のお客さんに誘われて、毎年恒例の麻雀をすることに。結局麻雀を始めた頃に同点に追いつかれた事を知りました。しかし映像は見ていません。

結局麻雀中に携帯で日本が勝ったと言うことを聞きました。

いやぁ、麻雀は麻雀で楽しいし、楽しみにはしていたんですけどねぇ。でもまぁ、こうなったらあきらめるしかない。

翌日仕事ということもあって12時をちょっとまわった辺りで、東風4回打ったところで解散。去年は少し負けましたが今年はなんとか勝てました。そんなにたくさんあがれたわけではないんですけど、一回も振らなかったのが勝因かな。

接待麻雀と言うほどではないのですが、一応目上の方と打つもんで、何でもあり的なことはしないので必然と手は綺麗に高く仕上がっていくんですよね。なるべくダマをしないでリーチしたりと、ちょっとよそ行きな感じになりますが、そういった縛り(勝手に縛っているだけですが)があるのも条件戦的に面白みもあるかなと。

雀荘のメンバー的に字牌のドラを絞ったりして。きちんとおりたりして。

サッカーの話に戻りますが、次はセネガル戦。しかし映像見る限りじゃ身体能力半端ない。大迫半端ない以上に半端ない。

今度こそ見られたらいいな。

負けると決まったわけでもないので、応援しよっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

今年初打ち

昨日は久しぶりに会社のメンバーが集まっての麻雀の日だった。メンバーは四人しかしないのですが、その四人の都合がなかなか合わなくて毎度毎度調整が大変。
しかしみんな本当は麻雀が好きだからなんとかしようと調整はしているのですけど。
今年ももう半年が過ぎようとしていますが、実はまだ今年は一回も麻雀していません。

以前は雀荘などにも行ったりしたこともありましたが、会社のメンバーとしか最近では麻雀をほぼしなくなりましたので。

どうしても打ちたければ雀荘に行けばいつでも打てるのかもしれませんが、はっきり言ってお金かかりすぎて。わいわい気軽に打ちたいけど、簡単に万の単位のお金がすっ飛んでいくというのは乏しい小遣いでは厳しい。

でも4円パチンコや20円スロットに比べれば雀荘での麻雀の方が動くお金という面ではマイルドなのですけどね。
まったくお金を賭けない健康麻雀サークル的なものもあるのかもしれませんけど、さすがにそれはねぇ。お金を賭けないのが嫌じゃなくて、何も賭けていないと麻雀が腐ってしまいますし。

この危険な一牌を切ると言うときに、ノーリスクなんだったら迷わず切れます。何もリスクを負っていないんだったら、何でもブンブン切ってやります。そしたらゲーム性が損なわれてしまってそれが一番嫌。別のゲームになっちゃいますからね。

実はGW開けの5月にやろうという話があったのですが、諸事情により延期になってしまって、ようやくようやく昨日開催の運びになったのだが、一ヶ月間待ち遠しくて。180616083707507_photo というわけで、今回も朝から晩まで金沢のテルメにて四人で目一杯打ちたおしてまいりました。
8時頃に入館してみんなで一緒にお風呂に入って身を清めた後に闘牌開始。
今回は前半調子がよくて手も入って、バンバン上がれたんですけど、後半ひどい物で、こんなに変わるものかという感じでまったく手が入らなくなりました。
麻雀って腕の問題でなくてどんなプロでもまったくどうにもならない状況というのがある。自分の手牌と捨てた牌を全部合わせても上がってない、聴牌していないというのは絶対にどうやっても上がれませんでしたって事なんですけど、はっきり言ってそんなんばっかり。
ひたすら防戦一方になってしまい前半ためた貯金を一気に吐き出してしまった。最近は流れなんてのは気の迷いでそんなものは無いという考え方が主流なのですが、運の隔たりって絶対ありますね。
同じメンバーと同じ日に打ち続けているのにまったく上がれなくなるっておかしいですもの。
結局前半走っていた私が後半みんなに追いつかれて、凄く平たい状態で接待麻雀かよ!という結果で終了。
うまくいかないことがあったり、勝てなかったりするからこそ麻雀って楽しいんですけどね。

さて、次回はいつになることやら。


年内にもう一回。できる事なら二回くらいやりたいものですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

決まっちゃった

前から議論されていましたが、今日の午前中に改正民法法案が与党などの賛成多数で可決されました。
四年後の2022年4月1から施行される。
娘はその時点で丁度18歳。その年は19歳になるだから、3月31日18歳では成人ではないのだが、翌日の4/1からは成人と言うことになる。
成人式ってどうするんだろ?
でも18歳から成人といっても、飲酒や喫煙は20歳からとなる。またローンの締結もできないし、公営ギャンブルもできない。でもパチンコはなぜか昔から18歳から入ることができる。

現状では各種法律によってあらゆる事が可能な年齢が定まっていて結構ややこしい。成人という物の定義とはなんだろうか?

一般に成人=一人前という考え方があると思う。では一人前というとどうだろうか?
一人前というのは1人の成人として評価されると言うことである。
(日本大百科全書引用)
1人の男や女が成人後に備えているはずとされる心身、技能、力量などの総称。各種の職場をはじめスポーツや芸能方面でも漠然と人並みの能力というほどの意味で用いられることもあるが、村落社会では古来共同労働を組むうえで一定以上の労働力が要請され、1人前の標準作業量をはっきりと設ける場合が多かった。
その標準量を一人役(いちにんやく)、一手役(いってやく)、ワッパカ仕事などとよび、農作業をはじめ各種作業についていちいち男女別に1日どれだけと決めた所も珍しくない。たとえば、男は田打ちならば1反(10アール)、物を背負う力では四斗俵1俵(約60キログラム)、女は男の半人前から7、8分で、田植ならば7畝(せ)(7アール)、機(はた)織りでは1反(鯨尺で約8.5メートル)といったぐあいであった。農家の奉公人や職人の徒弟などにはその作業量がとくに厳しく求められた。
つまり過去には人並みに働けなければ一人前ではないとされていた。
また婚姻に関しても、昔は10代でも結婚していれば一人前、30歳でも結婚していなければ社会では決して一人前とはみなされなかった。
数学ではA=BかつB=CならA=Cということになる。
18歳=成人=一人前という数式があっても18歳=一人前というのは成り立たない。18だと学生だし、ほとんどの人は自立していない。40過ぎても自立していない人も何万人も日本には住んでいますけど。

18歳を成人にすることによって国民にとってのメリットとして何があるのだろう?

そもそも国民にとってのメリットがないと民法を改正する意味なんてまったくない。
単なる税金集めと言われても仕方がないのだが、多くの国民はアンケートの結果ほとんどがこの法案について関心がない。
この法案が可決されることは結構大事件なはずなのだが、凄く薄い報道しかされていない。
モリカケ、モリカケ言ってる場合じゃないんだけどね。野党がモリカケ、モリカケ言って国会を空転させている間に重要法案が結構可決されていったんですけど。
予算審議もモリカケ、モリカケとまったく国会議員の仕事をなんだと思っているのやら。
マスコミも、一大学内の不祥事ばかり報道していないでもっと報道することはあるんでしょうけど。大学の理事長が誰だろうと国民には全く関係ないことですからね。国立大ならまだしも私立大学だし。
自分が18歳の頃を思い返してみても、その頃は「俺ももう一人前」と勝手に思っていた節はあったかもしれないけど、当然学生だし、親のすねかじって経済的には全く自立していないし、今18歳の自分を見る事があれば、絶対に「このガキが」って思うに決まってます。
18歳ってまだ子供な気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 8日 (金)

編集開始

先週末のリレマラが終わって、今年も会社の社員とその家族との交流がありましたが、その時の様子はビデオで記録していました。
前にも二回出た時の様子も撮影しており、私が動画編集してDVDに焼いて参加者に配りました。
初めて出た時は2014年。今から4年前。当初参加していた社員の子ども達も大きくなって、中学校に行くなどして来られなくなった。
今年出た子の多くは小学校低学年。初参加の時の下の世代の子ども達だ。
子ども達は高学年になるとスポーツ少年団などでなかなか身動きが取れなくなり、中学生になると部活動もあって来られなくなる。
さすがに4年前の動画を見返してみると、子ども達も小さくて可愛らしい。こういった動画と言うのは確かに作ったときも楽しいのだが、何年か経ったときに見るのが一番楽しいかもしれない。
社員のいい思い出になればと頑張って作ったのだが、前回に出た2年前のは、なかなか忙しくてまだ作っていなかった。
今年は少し体も空いたので、前回の分からまとめてみようと今週の頭から編集作業に入りました。
一気に2回分なので大変。
編集作業は始めるまでがおっくうでなかなか踏み切れませんが、いざ始めてしまうと一気に制作したいので、毎日寝不足気味。
とりあえず始めて5日くらいで1本目は7割ほど仕上がりましたかね。
週末でほぼ仕上げたいです。
今年の分も引き続きやるつもりです。
みんなのために頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

い っ ち ゃ ん リ レ ー マ ラ ソ ン 2018

昨日毎年恒例になりました「いっちゃんリレーマラソン」が行われました。
昨年は抽選に間に合わず参加できなかったのですが、今年は会社のメンバーと一緒に参加しました。
これでうちの会社では4回目の参加になります。
一応私も4回目の参加になるのですが、さすがに日頃の不摂生とメタボな体型で、いくならんでも何にもしないでいきなり2kmなんか走れないということで、ここのところ2週間ほど付け焼き刃なトレーニングはしてきました。Vs180604028
まぁ、若いうちならともかく、マジできついです。2km走るなんて。
とりあえずゆっくり2kmをタイム気にせず走るならまだ何とかなっても、一応ギリギリの目標タイムがあって、自分の限界一杯まで走るとなると、2kmを7分で走ろうが、10分でろうが、15分で走ろうが、限界は限界なのである。
速く走った方がつらいと言うことはない!
一応毎年自分の中では限界一杯で走っているつもり。タイムはもちろん平々凡々なのだが。Vs180604001
今年も大勢の参加者で賑わっていました。でも企業名を冠したチームは年々少なくなってきている気がしますね。
みんなで応援し合って、それぞれの限界まで頑張って、会社では年に一回のお祭りみたいなものです。
チームは社員が半分、その娘や息子が半分くらいの割合で、奥様達も応援にきて、日頃は顔を合わせることのない社員の家族との交流の場にもなってます。
うちは古き良き時代の中小企業なんで。Vs180604023
天気もよくて、気温が高く、走っていると凄く大変でした。最後ゴールに着く前には限界一杯のラストスパート(のつもり)。しばらく動けなくなりました。
夕方にはみんなで居酒屋に集まって打ち上げ。子ども達も交えて大騒ぎ。ビールが美味くていっぱい飲んじゃいました。
また来年以降も出られるかわかりませんが、もうちょっと一年を通じて鍛えないといけないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)

毎日のように誰かの訃報が届きますが、今日はミスター麻雀小島武夫プロが先月末に82歳でお亡くなりになったとのニュースを目にしました。
大橋巨泉と11PMで麻雀のいかさま技を披露していた頃はもちろん私は子供で見ておりませんでした。
大学生になり部活の先輩に教えられて麻雀を覚えてからは、学生時代は麻雀ばっかりしていたような気がします。
とは言っても、徹マン明けでも学校にはちゃんと行ってましたし、レートもお遊びレートでしたので、麻雀で身を持ち崩すようなことはありませんでしたけど。
当時はまだCS番組もなかったか一般的ではなかったか覚えていませんが、麻雀のプロが麻雀を実際に打っている姿を見る機会はほとんどありませんでした。
最近では随分いろんな番組でプロや芸能人による麻雀番組を見ることができます。私が麻雀を覚えた頃は第一回麻雀最強位戦が行われた頃で、そのビデオをツタヤに借りに行って見たのが初めて麻雀の対局を見た時でした。
家のこたつの上で麻雀牌を握って、ツモってきたら手の中でくるっと回して格好良くバシッと切る練習なんかしたものです。ツモって来た牌を素早くチャキッと小手返ししたりする練習もしましたね。二枚飛ばし、三枚飛ばしはなかなかできませんでしたけどねぇ。
もちろん小島武夫の麻雀の教本を覚えたての頃は読みましたね。捨て牌を作る迷彩や、手役を狙う打ち方は今の赤、裏、チップの牌効率重視の打ち方では少々古くさい打ち方になってしまいましたが、間4ケンや裏筋の考え方のお世話には、ちょっと麻雀打つ人はみんなお世話になったことだと思います。
大人になってMONDO21の麻雀などで小島武夫の麻雀をいつも見ていました。魅せる麻雀にこだわってなかなか勝ちきれませんでしたが、個性があってそのスタイルを貫いておられましたね。
役牌ポンと鳴いて1000点みたいな上がり方をけしてしませんでした。それがいいか悪いかは別として。
その打ち方を好きと言うわけではありませんでしたが、対局番組ではついついいつの間にか小島武夫の応援をしてしまうという不思議な魅力がありました。
あの「ガハハハハ」という笑い方をもう聞けないのが寂しいです。
豪快で奔放な酒と女の武勇伝に事欠かない人でしたが、あんなめちゃくちゃやっても誰もに愛されるキャラというのは希有の人でしたね。
MONDO21で九蓮宝燈をあがったのを見て興奮したのを覚えています。連続で萬子引いて、全然九蓮宝燈だなんて思いもしないところから、一気にテンパイして即九萬をつもり上げてしまった伝説の一局です。
解説をして「そんなバカな」と驚いていたのが富山出身の飯田正人プロでした。飯田プロも2012年にお亡くなりになっております。富山出身と言うこともあって一番好きなプロでした。
安藤満、飯田正人、小島武夫と好きだったプロがどんどんいなくなりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月29日 (火)

意外と初めて見ました

今日は、お仕事の打ち合わせがあって名古屋へ。
東海北陸道を南下。新緑が綺麗でいいドライブ日和。
実は結構いろんなところに行ってますが、名古屋ってあまり行かない。
名古屋市内は本当に行かない。
プライベートでも滅多に行きません。
今日は大府市に用事があったので、名古屋高速を通って名古屋市内を縦断。知多半島の付け根のあたりに行きました。
この辺りは初めて行きました。
名古屋市街地に足を踏み入れたのは随分久しぶりです。通過しただけだけど。
実は私、肉眼で名古屋城をまだ見たことがなかった。
名古屋高速都心環状線からチラッと名古屋城の天守閣がビルの間から見えます。これが私と名古屋城との出会いです。0.3秒くらい見ただけですけど。
名古屋城は戦災で焼失してから鉄筋コンクリートで復元されましたが、老朽化と耐震化の遅れのために今現在天守閣には登れません。
その他のお城と違って名古屋城はしっかり調査され、図面や写真が残っております。今天守閣の木造復元する計画が進んでおります。
名古屋の河村市長が文化財として当時のままの再現をするのでエレベーターを作らないと発言して障害者に対する差別だと障害者の団体が反発して問題となってます。
しかしまぁ、中国や韓国のファンタジー復元ならともかく、当時の資料を元に忠実に文化財を再現するという事は素敵なことだと思います。
元々名古屋城は国宝ですからね。姫路城だって、彦根城だって、松本城だって当時のまま残っているお城はもちろんエレベーターなんてついてません。
これは完全に復元するのか、外観だけを復元するのかによって違ってくるのですけど、私個人の意見とすればせっかく再現するならば当時のまま再現できたら凄いことのように思います。
大阪城のように鉄筋のビルでしたら、外から見るだけで十分で特に天守に登ってみたいと思いませんが、当時のまま復元されれば是非天守に登ってみたいものです。
恐らく復元される木造の天守は何百年も後まで残る建造物になると思います。これをどうするかは後世に何を残すかと言うことになると思います。他の城では資料や図面がないのでこんなことは不可能です。現存する城以外じゃ名古屋城じゃないとできないことですからね。
とまぁ、話がそれましたが、午後から打ち合わせを済ませてそのままとんぼ返りで帰って来ました。
名古屋の名物も何にも食べてません。今度行ったら美味しいものでも食べてみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

久しぶりにPC掃除

今週末も特に用事のない休みであった。
土曜日は妻が仕事に行ったので、朝からテレビを見ていた。丁度大谷のエンゼルス対ヤンキースの試合が放送されていたので見ていた。大リーグ中継の視聴率が大谷効果でかなり上がっているらしいのだが、こうやって大リーグ中継を一試合まるまる見るなんて、それこそ野茂や、イチロー、松井が海外に渡ったばかりの時以来くらいかもしれない。
けっこう「打て!」と見ていたのだが、結局土曜日、日曜日と二日間ヒットがなかった。随分対策されていました。大谷シフトや配給も。
横目で大リーグ中継を見ながら久しぶりにPCの大掃除をした。
外して中を開いてCPUやFANの周りに付いた埃を丁寧に取った。猫を飼っているせいもあって大量の埃がたまっていた。
本当はもっと頻繁に掃除しないといけないのだけど、ついついねぇ。
本当は明日は大谷と田中の投げ合いになるローテーションだったんだけど、大谷の登板回避で見られなかった。
見たかったような見たくなかったような・・・。
今日は午前中学校行事で妻がいなかったので、午後から買いたい物があったので買い物に行った。
どこに行くかと言うことで、時間もあったので久しぶりにアウトレットモールに行った。日曜だったけど随分空いていた。安くないもんなぁ~。
いい天気だったけど、家にいることが多い週末でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月25日 (金)

どうせヨレヨレ

年に数回会社の取引先の集まる総会がありまして、それは泊まりで行われるのですが、昨日はそれに参加してきました。
普段ほとんどスーツを着ない私ですが、そんな時には珍しくスーツにネクタイ。なんだか面倒。
これを毎日着る仕事には就きたくないと思った22の春。
だからそんなにスーツを買い換えるわけでもなく、高いスーツを持っているわけでもなく。流行もへったくれもないので、着こなしという面ではおそらく最悪の部類に入るのではないかと自認しています。
でもまぁ、年に数回のために金かける気にもなれず。
先日麻生財務大臣のスーツがオーダーで35万だかなんだかが話題になっていましたが、別に何がいけないの?むしろ地位からすれば安いんじゃない?と思ったのだが、案の定テレビ局がやり玉に挙がって炎上していた。
テレビ局の社長はじゃぁいくらのスーツ着ているのかを公表しないと公平じゃないわな。しかも別に税金でスーツ買っている訳でもなく、自分の稼ぎで買っているのだから100万だろうが200万だろうが余計なお世話もいいところだ。
でも私だってお金さえあればほとんど着ないのだけど、一生に一度はビシッとしたオーダーのスーツ着てみたい気がしないでもない。そしたらそれに見合う時計がないという話になって、靴はどうするの?みたいな感じになって、駄目だこりゃって事になって終了。
そもそもお金の前に、かっちょいいスーツを格好良く着こなす体型じゃない。
まずそこを何とかしないといけないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月22日 (火)

思い切ってジム

毎年会社では健康診断をやっているのでありますが、その結果がでてきました。
毎年の事とは言え、コレステロールで引っかかって再検査。
30歳を過ぎた辺りから毎年引っかかっています。
運動不足だし、体型も完全にメタボリック親父。
お腹の肉も年輪のように積み重なっていきます。
どげんかせんといかん。
というわけで、前から行く行くといいながら行きそびれていたジムに行くことにしました。
会員登録するのにはそこそこ費用がかかりましたが、金でも出してもったいないとでも思わないと運動できないかなと思います。
重いバーベルガッチャンガッチャン上げて、筋肉むきむきになるのが目的ではありません。
慢性的な四十肩の解消と、体重の増加によるひ弱な下半身を鍛えてあわよくば少しスリムにでもなればいいかなと。
ルームランナーや、バイクを漕ぎ漕ぎ適度な運動ができればいいかな?
まだ入会したばかりで2回行っただけ。
さて、いつまで続きますかな?
確かに運動してちょっと汗をかくと清々しい。わかっているのだけど重い腰が上がらない。
もったいない根性で体動かすのが癖になる事が当面の目標。
エグザイルにはならなくていいけど、西田敏行からは脱却したいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«今週末は引きこもり