2018年5月25日 (金)

どうせヨレヨレ

年に数回会社の取引先の集まる総会がありまして、それは泊まりで行われるのですが、昨日はそれに参加してきました。
普段ほとんどスーツを着ない私ですが、そんな時には珍しくスーツにネクタイ。なんだか面倒。
これを毎日着る仕事には就きたくないと思った22の春。
だからそんなにスーツを買い換えるわけでもなく、高いスーツを持っているわけでもなく。流行もへったくれもないので、着こなしという面ではおそらく最悪の部類に入るのではないかと自認しています。
でもまぁ、年に数回のために金かける気にもなれず。
先日麻生財務大臣のスーツがオーダーで35万だかなんだかが話題になっていましたが、別に何がいけないの?むしろ地位からすれば安いんじゃない?と思ったのだが、案の定テレビ局がやり玉に挙がって炎上していた。
テレビ局の社長はじゃぁいくらのスーツ着ているのかを公表しないと公平じゃないわな。しかも別に税金でスーツ買っている訳でもなく、自分の稼ぎで買っているのだから100万だろうが200万だろうが余計なお世話もいいところだ。
でも私だってお金さえあればほとんど着ないのだけど、一生に一度はビシッとしたオーダーのスーツ着てみたい気がしないでもない。そしたらそれに見合う時計がないという話になって、靴はどうするの?みたいな感じになって、駄目だこりゃって事になって終了。
そもそもお金の前に、かっちょいいスーツを格好良く着こなす体型じゃない。
まずそこを何とかしないといけないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月22日 (火)

思い切ってジム

毎年会社では健康診断をやっているのでありますが、その結果がでてきました。
毎年の事とは言え、コレステロールで引っかかって再検査。
30歳を過ぎた辺りから毎年引っかかっています。
運動不足だし、体型も完全にメタボリック親父。
お腹の肉も年輪のように積み重なっていきます。
どげんかせんといかん。
というわけで、前から行く行くといいながら行きそびれていたジムに行くことにしました。
会員登録するのにはそこそこ費用がかかりましたが、金でも出してもったいないとでも思わないと運動できないかなと思います。
重いバーベルガッチャンガッチャン上げて、筋肉むきむきになるのが目的ではありません。
慢性的な四十肩の解消と、体重の増加によるひ弱な下半身を鍛えてあわよくば少しスリムにでもなればいいかなと。
ルームランナーや、バイクを漕ぎ漕ぎ適度な運動ができればいいかな?
まだ入会したばかりで2回行っただけ。
さて、いつまで続きますかな?
確かに運動してちょっと汗をかくと清々しい。わかっているのだけど重い腰が上がらない。
もったいない根性で体動かすのが癖になる事が当面の目標。
エグザイルにはならなくていいけど、西田敏行からは脱却したいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

今週末は引きこもり

今週末は土日共に休みで、特に用事もありませんでした。
お祭りの際に妻が撮影した動画をチョロチョロッと編集して焼いたりしていました。
そんなに大層な編集はしていません。音楽入れたり文字入れたりとかはほぼ無し。
ただ不要なところをカットして収まるようにしただけ。DVD一枚にそれなりに収まるサイズがありますからね。
朝から夜まで約6時間くらいありました。それをDVD3枚の約3時間くらいにカットする作業。
そんなに時間はかからないのですが、最低でも見なくてはいけないのでそれだけ分の時間はかかります。
他にもこの部分の動画が欲しいなどのリクエストにもいくつか答えてそれようのディスクを作ったり。
なんだかんだで今週は土日どこにも行かずに引きこもって作業していました。
編集終わっても書き出したり、焼いたりとそれなりに作業には時間がかかります。
今回は人に配ったりする用ではなくてあくまでも個人観賞用と友達の家で上映会して一杯やる用なので細かい所は気にしていません。
まぁ、どこかで腰を落ち着けて作業しなくてはいけませんし、あまり間を開けるとやる気が失せますし、今週末はタイミングとしては丁度よかったかも。
疲れもたまっていましたしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

今年も無事に終了

昨日はお祭り、そして今日は後片付けとあとふき。

ここのところ数日慌ただしい毎日でしたがそれもこれでおしまいです。180515050642860_photo 天候は晴天に恵まれてお祭り日和になりました。ちょっと暑すぎる一日でしたが、雨よりは全然いい。

平日にもかかわらず大勢の見学客で大いに盛り上がりました。

何事もなく無事に終了。

年甲斐もなく頑張ってやったので、今日は体中が痛いです。180516095428623_photo 翌日の今日は朝からお片付け。

これで無事に終了。

しばらく体が痛い日が続きそうです。元々の四十肩と背筋痛が悪化したかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月13日 (日)

母の日について

母の日である。

母の日というのは日本だけの文化ではなくて、割と全世界的にある。キリスト教の行事に基づいているからだ。

20世紀初めの南北戦争時代にアメリカで始まった風習が日本に渡ってきたのが主に日本での普及の始まりで、一般的になったのは終戦後である。

花言葉の「母の愛」に由来するカーネーションを送るのが一般的。「母への愛」ではないのね。「母の愛」だと出す方ともらう方が逆なような気がするが、細かいことはいいのかも?

私も小学生当時学校でカーネーションにメッセージをつけて、肩たたき券や、お手伝い券などをつけて送った記憶がある。

小学校では母の似顔絵を書いていた。

昨今では母親のいない子供に配慮し差別を助長する等の理由で、学校教育で母の日、父の日というのはタブーになってしまっている。

おかしな話。

その当時は子供が母に感謝する日だったはずだ。でも今は大人が「親」に感謝する日になっている。「母」=「親」ではあるが、その両方ではなくどちらかを選ぶとすればどこが境目になるのだろうか?

私は就職し社会に出て独り立ちした時点で「母」から「親」にウエイトが移行するように思う。母という言葉には「育てる」ということがあると思う。育ててもらわなくなったら「母」でなくて「親」になると言っていいのかもしれない。

もちろん母はいつまで経っても母で親はいつになっても親には違いないのだけど、そりゃぁ私だって普段から「母ちゃん」と呼んでいるが、それはそれ以外の呼び方が日本にないからであって、妻のことも「お母さん」と呼んでいるから本来は両者は区別してもいいのかな?と。

私の娘や息子は先にも述べたように学校で「母の日」「父の日」ということを教育されていないので、はっきり言ってそんなに意識もしていないと思う。我々親が、自分の親に毎年プレゼントをあげているのを目にしているので「大人になったら親にプレゼントをあげる日」くらいに思っているのかもしれない。

私もせっかく親になったのだから、肩たたき券欲しかったなぁ。お手伝い券もらってどのタイミングで使うのか悩んだりしたかったなぁ。いろいろな考え方はあると思いますが、世の中の大多数の親にとって、これらの権利を奪われたということは凄い損失なんじゃないかな?

少数に配慮し大多数が被害を受ける今の世の中の現状をよく現していると思う。

かといって、娘や息子は中学生になり、もう素直な気持ちで肩たたき券をくれる時期を過ぎてしまった。もうそのチャンスは一生逃してしまった。

人の子の親となって、親が享受できる権利を何にでも噛みつく一部のア○のせいで奪われてしまったのだ。

仮に子ども達が大人になったとして、どこかそこらのショッピングセンターでラッピングされたお金で買った父の日グッズなんてはっきり言ってまったく欲しいとは思わない。もしもそうなった時には「そんなのやめようよ」と提案するつもりだ。それより一緒に飯でも食って酒でも飲まないかと。

「ねぇ、母の日の贈り物何にする?」

「なんでもいいんじゃねぇ?」

あくまでも一般的な話ですが、おそらく毎年繰り返される議論。悩むのは「母」ではなくて「義母」へのプレゼント。妻が気にするのは実母ではなくて義母。

誰も喜ばない(お店は喜ぶだろうが)話。180512104857532_photo それでも買って持って行きましたよ、カーネーション。「もうやめたらいいんじゃね?」「そんなわけにはいかないわよ」という事の結晶。

勘違いしないでもらいたいのだが、私は母への感謝の気持ちがないのではない。さらには母の日を無くせと言っているのでもない。

もう孫も大きくなった母へのプレゼントは「敬老の日」でいいんじゃないか?という話。

そして母の日のプレゼントを本当にもらうべきなのは「義母」へのプレゼントを何にしようか考えている妻の方なのではないか?と言うことなのである。

「あんたも私になんかちょうだい」と妻が言ったから、今日は「妻への感謝記念日」

妻であり子ども達の「お母さん」でもあるので、母の日に私が妻に何かを送るのはおかしいでしょ?まぁ、そもそも物で何とかするというのもどうかと思うぞ。

今どこのショッピングセンターでも「母の日」だの「父の日」だのうるさいが、それでは「妻の日」というのはあるのか?というと実はあるのです。

12月3日だそうな。1995年にどこかの企業が勝手に作った日なのでまったく一般には浸透していませんけど。

それじゃぁ「夫の日」というのはあるのか?

実はないのであります。母の日、父の日、敬老の日にこどもの日。さらには孫の日もあるのに夫の日がない!

これこそがセクシャルハラスメントじゃぁぁぁぁぁぁannoy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月11日 (金)

撮ってみたくなる

今日はとってもいい天気。

車で走っていたら、立山連峰が綺麗でしたので、写真を一枚。180511133653533_photo 田んぼにも水が張られて、キラキラ。

最近寒かったり暖かかったり、寒暖の差が少し大きいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 9日 (水)

子供がいない日

娘は今年中三になり、いよいよ今日から楽しみにしていた修学旅行に出かけていきました。

京都、広島という割とお約束の日程なのですが、私は修学旅行で広島には行かなかった。

私割と北が好きなので、あまり南の方には行かないのですけど。本州ではまだ兵庫以南に行ったことがない。

広島はもちろんまだ行ったことがないのですけど娘に先を越されてしまったなぁ。

今日は中一の息子も宿泊学習と言うことで、珍しく子供のいない夜を過ごすことになる我が家。

こんな時くらい2人でゆっくり旨いものでも食べに行くかと言いたいところですが、今はお祭りの練習の期間なので真面目に練習に行きました。

二泊三日で帰ってくることになっているのですが、どうだったのか、お土産話をちゃんと聞いてやろうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

GWもおしまい

今日で長かったGWもおしまい。

最終日の今日は午前中お祭りの準備があって出かけていきました。

毎年やっていることなので、さっさと手際よく終わらせて午前中で終了。

妻も仕事で、息子は遊びに行って午後からは1人で家にいましたので映画でも見ようかと、随分前に録画したまま放置になっているやつを転がりながら見ていたら、いつの間にか寝てしまった。

昨日の夜にもついつい映画見て夜更かししてしまったからなぁ。五社英雄の「肉体の門」を見ていたらいつの間にか3時になっちゃった。

かたせ梨乃が格好よくて、名取裕子が美しく、西川峰子はさすがですな。作品が上映された当時、3人とも29か30歳くらいのはず。1988年の映画なので丁度30年前の映画。ということはお三方もそろそろ還暦になっちゃうわけですね。Mon しかしまぁ、別に乳が見たいというわけではないのですけど、必然性というのが作品によってはあると思います。そこを避けてはその作品を表現できない的な。そこに無理矢理蓋をしてしまうと作品として無理がきて成立しなくなってしまいますね。

娼婦を描いているのに一切絡みなしみたいな。

お三方は見事な脱ぎっぷり。今彼女たちの立ち位置にいる30歳前後の女優はというと、長澤まさみ、北川景子、石原さとみくらいでしょうかね?

この3人が娼婦の役で濡れ場満載の映画に出るってなったらそんなの絶対ないないみたいな感じですが、そう考えると今の女優は演じるという仕事ながら役を選んでいるのかな?と。

今の女優はそういった濡れ場を演じるような役を確かにやってはいるんですけど、鉄壁のガードですからね。不倫どろどろの映画に出ていた上戸彩の鉄壁ガードのベッドシーンとか。その作品に出ると言った意味がわからない。それならその仕事受けなきゃいいじゃん。

ベッドに入って手を握ったらいつの間にか朝になってたりとか。下手に有名女優使ってそんなことしちゃうと原作が泣いちゃうでしょ。

ちょっと頑張ったのは沢尻えりかぐらいか?

西川峰子なんて腰巻き一枚上半身すっぽんぽんでロープに吊るされて片足あげたまま縛られてバシバシ鞭打たれるみたいな。それを30歳でやってるんですから役者根性ありますわな。

作品性と言うことを云々すると賛否は分かれるところではありますが、終戦の東京のセットは凄いですね。演出は今見ると東映のやくざ映画ちっくな感じで古くさく感じますけどね。

そういえば渡瀬恒彦死んじゃったなぁとか思ったりして。

間違いなく今だったら絶対に作れない日本映画だろうなぁ。無名の女優集めれば作れるかもしれませんが、あのレベルの女優陣集めてやるのは無理かなぁ。あのレベルの女優は今脱がないしなぁ。

五社英雄作品は他にも「鬼龍院花子の生涯」や「吉原炎上」「極道の妻たち」が有名ですね。これらは見たことがありますが、他のまだ見ぬ作品も見てみようかな?この「肉体の門」とキャスティングが結構かぶっている「吉原炎上を」改めて見てみるのも一興か?

でも、これらは昔普通にテレビ放送もしてたんですよね。今のテレビは健全になったもんだ。今「吉原炎上」や「肉体の門」放送したら大変なことになりそうなだな。

さぁ、明日から仕事仕事。気持ち切りかえていこう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

ぶらり金沢

今年のGWは暦通り。

今日から後半の4連休が始まる。

今日は娘も息子も部活でおらず、妻と二人っきりの休日。

家でゴロゴロするのは何かもったいないのであてどもなく出かける事に。

半分ドライブという感じでとりあえず金沢方面に出かける事に。

金沢駅が新しくなってから行ったことがなかったので、駅付近に行ってきました。

フォーラス、百番街なども行ったことがなかったので行ってみました。180503120030470_photo 駅周辺では音楽イベントが行われていました。

さすがにGWということで駅周辺は結構混雑していました。

特に目的もないのでフラフラとお店を見て回って金沢駅散策は終了。

少し郊外に出て昼食を食べて、ショッピング。

帰りはちょっと遠回りをして内灘から海沿いをドライブして帰って来ました。180503152144725_photo ちょっと寄り道ティータイム。

息子が少年野球をやり始めてから5年間、休みらしいGWを過ごしてきませんでしたが、今年からはちゃんとGWというものが我が家にも帰ってきました(仕事さえなければ)。

一応4連休といえども、特にどこかに旅行に行くなどの目的はないのですが、今年は久しぶりにのんびりとした休日を過ごしたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月30日 (月)

げろっぱ

GW前半の三連休最終日、妻は仕事へ娘は部活へ。

さて私はと言うと特に用事もない。

家の周りの草むしりをして、ゴミを片付けて。

リビングでゴロゴロと録画した映画を見ていました。ちなみに今日見たのは「ジェームスブラウン」。

言わずと知れたファンクの帝王の生涯を描いた作品。しかし役者の再現度が凄いですな。

こういった作品って結構ありますね。チャーリーパーカーの生涯を描いた「バード」、これは名作だったと思う。クリント・イーストウッドが監督でしたが、パーカーの才能と苦悩を表現しておりました。昔ビデオ買っちゃいましたからね。

他にも、マイルス・デービスの「MILES AHEAD」。レイ・チャールズの「Ray」。これはジェイミー・フォックスがレイチャールズになりきっていて凄かった。

などなど、自伝映画はいくつかありますが、アメリカの有名人って大概映画になりますね。スティーブ・ジョブスもマーく・ザッカーバーグも映画になりました。

ジェームスブラウンの映画を見たおかげで頭の中は「ゲロッパ」

ゲロッパ!ゲロッパ!俺はセックスマシーン!

何言ってんの?頭おかしくなったの?と思わんでください。これはこんな歌詞なんですわ。

しかもずっと連呼。だって曲のタイトルが「
Sex Machine」なんですもの。

これに関連する?映画として西田敏行主演、井筒和幸監督の「ゲロッパ!」面白かったなぁ。ジェームスブラウンにあこがれる暴力団の組長を西田敏行が演じるという映画でした。

私が初めてジェームスブラウンを知ったのは映画ロッキー4。アポロがドラゴとの対戦に向かう入場シーンでジェームスブラウンが「Living In America」を歌っていたシーンかな。

当時まだ小学生だったけどあのインパクトは半端なかったなぁ。あの当時はもう結構高齢なんだけど、凄いパフォーマンスだった。何の予備知識もなかったのにあれだけの強烈な印象を残すってやっぱすげぇわ。

で、このまま映画鑑賞をしたいところだったのだが、午後からは娘の友達が遊びに来てリビングを占拠されてしまったのでどこにも居場所がなくなって、家を追い出されて今日の午後は難民となって放浪する羽目に・・・。

結局暇つぶしに1パチしに行ってちょっと負けてしまった。

げろっぱ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«休日にはたまった映画を